第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る 2012.3.30 エディターから一言 2012年2月をもって生産が終了した、スバルの軽自動車「サンバー」。半世紀以上にわたる、その歴史を振り返る。
  • 「スバル・サンバー」にWRブルーの特別仕様車 2011.7.27 自動車ニュース 富士重工業は2011年7月26日、軽商用車「サンバー」シリーズに発売50周年を記念した特別仕様車「WR BLUE LIMITED(ダブリューアール ブルー リミテッド)を設定し、発売した。
  • 第154回:ピュア内燃機関最後のきらめき 2019.12.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第154回は「ピュア内燃機関最後のきらめき」。フェラーリ史上最もパワフルな量産V8モデル「488ピスタ」に初試乗! フル加速で感じたターボエンジンのすごさとは? 自然吸気フェラーリを愛する筆者による衝撃リポート。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
ホームへ戻る