「スバル・サンバー」にWRブルーの特別仕様車

2011.07.27 自動車ニュース

「スバル・サンバー」シリーズにWRブルーの特別仕様車

富士重工業は2011年7月26日、軽商用車「サンバー」シリーズに発売50周年を記念した特別仕様車「WR BLUE LIMITED(ダブリューアール ブルー リミテッド)を設定し、発売した。

特別仕様車「WR BLUE LIMITED」は、0.66リッター直4NAエンジンを搭載するサンバートラックの「TC」とサンバーバンの「ディアス」をベースに、ボディカラーに通常設定のない「WRブルーマイカ」を採用し、装備を追加した限定モデル。

専用装備として、青と黒のツートンフロントカラードバンパーやイエローステッチが施される専用ブラックシートを採用。さらにバンには、ルーフスポイラー、マフラーカッター、専用ドアトリム、トラックにはクロムメッキのホイールナットやクリアタイプのターンレンズが装着される。

価格は、「サンバートラック WR BLUE LIMITED」がベース車比3万6950円高の89万9000円(RR/5MT)から111万8450円(4WD/3AT)。「サンバーバン WR BLUE LIMITED」はベース車比6万6000円高の117万9000円(RR/5MT)から140万8950円(4WD/3AT)。トラック、バンを合わせて1000台の限定販売となる。

(webCG ワタナベ)

「スバル・サンバートラック WR BLUE LIMITED」
「スバル・サンバートラック WR BLUE LIMITED」 拡大
 
「スバル・サンバー」にWRブルーの特別仕様車の画像 拡大
「スバル・サンバーバン WR BLUE LIMITED」
「スバル・サンバーバン WR BLUE LIMITED」 拡大

関連キーワード:
サンバー トラック, サンバーバン, スバル, 自動車ニュース

スバル サンバー トラック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 2019.11.27 試乗記 次世代エンジンとして注目を集めてきた「スカイアクティブX」を搭載した「マツダ3」が、いよいよ日本の道を走りだす。既存の2リッターエンジン比でおよそ70万円アップ、夢のエンジンに投じるお金でどんな世界が見られるのだろうか。
  • スバル・フォレスター プレミアム/フォレスターX-BREAK/フォレスター アドバンス【試乗記】 2018.7.5 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・フォレスター」に試乗。従来型と並べても「どっちが新しいの?」という感じの見た目に対して、新型パワーユニットやドライバーモニタリングシステムなど、中身には新機軸がてんこ盛り。伊豆のクローズドコースでその出来栄えをチェックした。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
ホームへ戻る