マツダ、軽乗用車「キャロル」を全面改良』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • 後編:燃費自慢の“走り”を検証! ~エコな軽とコンパクト、その実像に迫る 2015.9.18 実力チェック! 人気の軽とコンパクト 先進的な環境技術が続々と開発され、クルマの燃費性能は日々進化。日本の軽自動車やコンパクトカーには、30km/リッターを超える燃費性能を有するものも少なくない。では、そうしたモデルの走りや乗り心地は、どうなのだろうか? 今回は“燃費自慢”の3台に試乗し、クルマとしての基本性能を確かめた。
  • マツダが新型軽「フレアクロスオーバー」を発表 2013.12.27 自動車ニュース マツダがSUVタイプの新型軽乗用車「フレアクロスオーバー」を発表した。
  • 第163回:カーマニアの回り道 2020.2.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第163回は「カーマニアの回り道」。「スズキ・ハスラー」の新車価格でセレブな中古車は買える!? アコガレのジャガー車で討ち死にし、イタフラ系をターゲットに物色し始めた筆者に、希望を与えたクルマとは?
  • 「スズキ・ワゴンR」の安全装備が充実 新開発エンジン搭載車も登場 2019.12.25 自動車ニュース スズキが、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の一部仕様を変更。衝突を回避する安全装備を充実させた。自然吸気モデルには新型「ハスラー」にも採用されている新開発エンジンを搭載し、2020年1月20日に発売する。
ホームへ戻る