ジュネーブショー2017の会場から(その23)

2017.03.12 画像・写真

2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。アルピーヌのブースを画像で紹介する。(写真=webCG)

→「アルピーヌA110」の関連ニュースはこちら
→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110S(ヘリテージカラー採用車) 2020.11.5 画像・写真 2020年11月5日にスタートした、アルピーヌのカスタマイズプログラム「アトリエ アルピーヌ」。その特別な“ヘリテージカラー”をまとう「アルピーヌA110S」の姿を写真で紹介する。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • アルピーヌA110(後編) 2020.12.27 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師による「アルピーヌA110ピュア」の試乗リポート後編。一部の好事家に、かの「ロータス・ヨーロッパ」の再来ともいわれている、軽量なフレンチミドシップスポーツの最終評価は?
  • アルピーヌA110(前編) 2020.12.20 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、生産終了から約40年の時を経て21世紀に復活した「アルピーヌA110」。ライトウェイトミドシップスポーツの楽しさを誰よりも知る漫画界のスーパーレジェンドが、その印象を語る。
ホームへ戻る