「トヨタ・ジャパンタクシー」出発式の会場から

2017.10.24 画像・写真

トヨタが新型タクシー車両「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発表。東京・台場で出発式を開催した。各タクシー会社の関係者が集った出発式の様子を、ジャパンタクシーのディテールとともに写真でリポートする。(文=webCG/写真=大音安弘)

◆関連ニュース:トヨタが新型タクシー「ジャパンタクシー」を発表

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・ジャパンタクシー」出発式の会場から 2017.10.24 画像・写真 トヨタが新型タクシー車両「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発表。東京・台場で出発式を開催した。各タクシー会社の関係者が集った出発式の様子を、ジャパンタクシーのディテールとともに写真でリポートする。
  • ただいま街で増殖中!
    新型タクシーの素顔に迫る
    2018.2.9 デイリーコラム 2017年の年末から街で見られるようになってきた、コロリとしたデザインの新型タクシー。その開発に際しては、タクシー専用車ならではの特別な事情や苦労があったというのだが……? 生みの親に話を聞いた。
  • ライバルとの競争が生んだニューフェイス 「ワゴンRスマイル」の投入に見るスズキの狙い 2021.9.17 デイリーコラム “軽のフルラインナップメーカー”であるスズキが、水も漏らさぬその布陣にさらに新型車を追加! 全高1700mm未満のスライドドア車「ワゴンRスマイル」は、どのような思惑のもとにリリースされたのか? ライバル車との比較も踏まえて解説する。
  • どうして自動車デザインは懐古主義に向かうのか? 2021.9.15 デイリーコラム 「日産フェアレディZ」や「ホンダe」「ミツオカ・バディ」など、最近話題のクルマは明確な懐古主義デザインばかりだ。さらに「ランボルギーニ・カウンタック」が復活し、「ルノー5」はEVとしてよみがえる。自動車デザインにはもう進化の余地が残されていないのだろうか。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
ホームへ戻る