「日産スカイライン」発表会の会場から

2019.07.16 画像・写真

日産自動車は2019年7月16日、「スカイライン」をマイナーチェンジし、同年9月に発売すると発表した。他の日産車に共通する「Vモーショングリル」やスカイライン伝統の丸形4灯デザインのリアコンビネーションライトの採用、エンジンラインナップの変更に加え、同一車線内での“ハンズオフ”を実現した運転支援システム「プロパイロット2.0」や「Nissan Connect」サービスを導入するなど、多岐にわたるバージョンアップが行われている。スカイライン発表会の模様を写真で紹介する。

◆関連ニュース:日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.22 試乗記 市販車として初めて、同一車線内“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」が搭載された「日産スカイライン」。長距離ドライブに連れ出し、実際の交通環境の中で手放し運転機能の使い勝手や走りの実力を確かめてみた。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(4WD)/タイカン ターボS(4WD)【海外試乗記】 2019.10.23 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に試乗。オーストリア・インスブルックからドイツ・ミュンヘンまでの約635kmの道のりで、新世代のパワートレインを手にした“最新のポルシェ”は、どんな世界を見せてくれたのだろうか。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る