日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載

2019.07.16 自動車ニュース
日産スカイライン
日産スカイライン拡大

日産自動車は2019年7月16日、「スカイライン」をマイナーチェンジし、同年9月に発売すると発表した。

フロントセクションは、いわゆる“インフィニティ顔”から“日産顔”に変更。「Vモーショングリル」と呼ばれる、他の日産車にも共通するデザインモチーフを用いている。
フロントセクションは、いわゆる“インフィニティ顔”から“日産顔”に変更。「Vモーショングリル」と呼ばれる、他の日産車にも共通するデザインモチーフを用いている。拡大
外装デザインの変更によってボディー全長は5mm短い4810mmとなったが、ホイールベースは従来型と変わらず2850mmのまま。写真のボディーカラーは「カーマインレッド」と呼ばれる特別塗装色。
外装デザインの変更によってボディー全長は5mm短い4810mmとなったが、ホイールベースは従来型と変わらず2850mmのまま。写真のボディーカラーは「カーマインレッド」と呼ばれる特別塗装色。拡大
LEDリアコンビネーションランプは「インフィニティQ50」に共通するものから、丸目4灯デザインに変更。かつての「スカイライン」を知る者にとっては、ひと目でそれと分かる伝統のモチーフだ。グレード名から排気量表示がなくなったのも最新モデルの特徴となる。
LEDリアコンビネーションランプは「インフィニティQ50」に共通するものから、丸目4灯デザインに変更。かつての「スカイライン」を知る者にとっては、ひと目でそれと分かる伝統のモチーフだ。グレード名から排気量表示がなくなったのも最新モデルの特徴となる。拡大
内装は従来型のデザインを基本的に踏襲しているが、日産車として国内初となるカラーヘッドアップディスプレイや「インテリジェントインターフェイス」を組み込んだメーターなどが採用されている。プレミアムスポーツセダンとしての機能性と質感がさらに向上したと日産はアナウンスしている。
内装は従来型のデザインを基本的に踏襲しているが、日産車として国内初となるカラーヘッドアップディスプレイや「インテリジェントインターフェイス」を組み込んだメーターなどが採用されている。プレミアムスポーツセダンとしての機能性と質感がさらに向上したと日産はアナウンスしている。拡大
スライド/リクライニング/リフター/サイサポートの電動調整機能付きフロントシートを全車に標準装備。「GT Type P」「GT Type SP」グレードでは本革シートが採用されている。
スライド/リクライニング/リフター/サイサポートの電動調整機能付きフロントシートを全車に標準装備。「GT Type P」「GT Type SP」グレードでは本革シートが採用されている。拡大
V6ターボモデルにのみ60:40の分割可倒式リアバックレストとリアセンターアームレストスルー機構が備わる。(写真はハイブリッドモデル)
V6ターボモデルにのみ60:40の分割可倒式リアバックレストとリアセンターアームレストスルー機構が備わる。(写真はハイブリッドモデル)拡大
ダイムラー製の2リッター直4ターボエンジンに代わり、最高出力304ps、最大トルク400Nmを発生する3リッターV6直噴ツインターボエンジンが日本に初導入された。さらにハイチューンを行った「スカイライン」史上最強の405ps版もラインナップ。
ダイムラー製の2リッター直4ターボエンジンに代わり、最高出力304ps、最大トルク400Nmを発生する3リッターV6直噴ツインターボエンジンが日本に初導入された。さらにハイチューンを行った「スカイライン」史上最強の405ps版もラインナップ。拡大
北米版の「インフィニティQ50」では、最新の2019年モデルにおいても引き続き従来同様のリアコンビネーションランプデザインを採用している。日本での丸形4灯の意匠復活は、ファンに歓迎されそうだ。
北米版の「インフィニティQ50」では、最新の2019年モデルにおいても引き続き従来同様のリアコンビネーションランプデザインを採用している。日本での丸形4灯の意匠復活は、ファンに歓迎されそうだ。拡大

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインやエンジンラインナップの変更に加え、同一車線内での“ハンズオフ”を実現した運転支援システム「プロパイロット2.0」や「Nissan Connect」サービスを導入するなど、多岐にわたるバージョンアップが行われている。

ラインナップは、搭載パワーユニットの違いによって大きく2つ。従来モデルのキャリーオーバーとなるハイブリッドモデルと、日本初導入となる3リッターV6ターボエンジン搭載モデルに分けられる。駆動方式は、前者にはFRと4WDが、後者にはFRのみがラインナップされている。

手放し運転可能なプロパイロット2.0

市販車では初搭載となるプロパイロット2.0は、既報の通りカーナビのルート案内と連動した高速道路上における高度な運転支援システムだ。ルート走行中の車線変更や分岐での走行を支援する「ナビ連動ルート走行」機能に加え、一定の条件下でハンドルからの手放し運転を可能としている。分岐や出口に近づいたり、前方に車速の遅い車両を検知したりすると、状況に応じて適切なタイミングで車線変更を提案。その際に、ドライバーがハンドルに手を添え提案を承認するスイッチ操作を行うと、車線変更や追い越しの場合は車両が元の車線に戻るまでを自動操舵で実施する。

また、プロパイロット2.0での走行中、前方注意やハンズオンを促す警報にドライバーが反応しなかった場合には、システムが車両を緊急停止させ専門のオペレーターに自動接続する「プロパイロット緊急停止時SOSコール」機能も備わっている。このプロパイロット2.0はハイブリッドモデルにのみ搭載されている。

最高出力405psを誇る新エンジン

いっぽうエンジンでは、最高出力211psを発生するこれまでのダイムラー製2リッター直4ターボに代わり、自社製3リッターV6直噴ツインターボを搭載。小径タービンとコンプレッサーによる新たなターボシステムや水冷式インタークーラー、電動VVT(可変動弁)システム、ミラーボアコーティングシリンダーブロックなどの採用により、最高出力304ps、最大トルク400Nmという実力を誇る。同パワーユニットは日本初導入ではあるが、「US 10 Best Engine」賞を2017年と2018年に2年連続で受けた実績を持つ。

さらにこのパワーユニットには、最高出力を405psに、最大トルクを475Nmに高めたスカイライン史上最強となるハイパフォーマンスバージョンも用意され、その名も「400R」グレードに搭載している。トランスミッションは、ともに7段ATと組み合わせられている。

エクステリアにおいては、これまで日産が北米市場を中心に展開しているインフィニティブランドのミドルサイズセダン「Q50」と同一だったフロントグリルを廃止。他の日産車ラインナップと同様に「Vモーショングリル」と呼ばれるデザインに改められた。フロントグリル中央に備わるエンブレムは、これまでインフィニティのブランドマークだったものが日産のシンボルマークとされ、さらにLEDリアコンビネーションランプは、スカイラインの伝統といえる丸形4灯式をモチーフとしたデザインに変更されている。

ボディーサイズは従来型とさほど変わりはないものの、エクステリアデザインの変更に伴い、全長は5mm短い設定に。全長×全幅×全高=4810×1820×1440(4WD車は1450)mmとなり、ホイールベースはこれまで通り2850mmという数値である。

インテリアデザインは従来型から大きく変更されていないが、プレミアムスポーツセダンとしての機能性と質感をさらに向上しているとアピールされる。ハイブリッドモデル(=プロパイロット2.0搭載車)には、日産車として国内初採用となるカラーヘッドアップディスプレイや7インチの「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」などの専用装備も採用されている。

今回導入された最新のNissan Connectには、OTA(Over The Air=無線通信による)自動地図更新機能や、スマートフォンとナビでシームレスに最後まで目的地を案内する「ドアtoドアナビ」、車内Wi-Fi、家族が運転しているクルマのエリア/時刻/上限スピードを設定でき、設定を超えた場合は通知してくれる「ドライブ制限アラート」などの新機能が盛り込まれている。

ラインナップと価格は以下の通り。

【V6ターボモデル】

  • スカイラインGT:427万4640円
  • スカイラインGT Type P:455万4360円
  • スカイラインGT Type SP:481万8960円
  • スカイライン400R:552万3120円

【ハイブリッドモデル】

  • スカイラインGT(FR):547万4520円
  • スカイラインGT Type P(FR):571万1040円
  • スカイラインGT Type SP(FR):604万8000円
  • スカイラインGT(4WD):575万4240円
  • スカイラインGT Type P(4WD):599万0760円
  • スカイラインGT Type SP(4WD):632万7720円

(webCG)

関連キーワード:
スカイライン, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産スカイライン」発表会の会場から 2019.7.16 画像・写真 他の日産車に共通する「Vモーショングリル」や伝統の丸形4灯デザインのリアコンビネーションライトを採用し、手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を初搭載するなど、多岐にわたるバージョンアップが行われた「スカイライン」。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • 日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載 2019.7.16 自動車ニュース 日産自動車は2019年7月16日、「スカイライン」をマイナーチェンジし、同年9月に発売すると発表した。エクステリアデザインや搭載エンジンの変更、同一車線内での“ハンズオフ”を実現した運転支援システム「プロパイロット2.0」の導入など、改良は多岐にわたっている。
  • アウディQ8 55 TFSIクワトロ デビューパッケージSライン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.16 試乗記 アウディのSUVファミリーに、新たなフラッグシップモデル「Q8」が登場。大きくてスタイリッシュな“SUVクーペ”は、カッコだけの高級車なのか、それとも……? その走りっぷりをチェックした。
  • 大規模マイナーチェンジで復権なるか!?
    「日産スカイライン」の苦悩、そして前途
    2019.7.17 デイリーコラム 2019年7月16日に発表された「日産スカイライン」のマイナーチェンジモデル。手放し運転が可能な運転支援システム「プロパイロット2.0」や新たなパワーユニットを搭載するなど、その改良内容は意欲的だが、長きにわたる販売面での低迷を反転させることはできるのだろうか。
  • Chapter 1 Driving Impression 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 最新の「トヨタ・クラウン」に、初の特別仕様車となるS“Elegance Style”が登場。伝統と革新のセダンに新たな価値を加えるという、その質感や乗り味について、モータージャーナリスト藤島知子が語る。
ホームへ戻る