「フランクフルトモーターショー2019」の会場から(ルノー)

2019.09.13 画像・写真

第68回フランクフルト国際モーターショーでルノーは、コンパクトクロスオーバー「キャプチャー」の新型を世界初公開した。その姿を写真で紹介する。(写真=CAR GRAPHIC、ルノー)

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョーからコンパクトSUVの「SUV 2008」が登場 EV版の「SUV e-2008」も同時に発売 2020.9.16 自動車ニュース グループPSAジャパンが新型SUV「プジョーSUV 2008」と、同モデルのEVバージョンである「SUV e-2008」を発売した。従来モデルより全長、全幅が拡大しており、よりSUVらしいスタイルと広い荷室を実現。EV版は385km(JC08モード)の航続距離を実現している。
ホームへ戻る