必見! イタリアの自動車博物館(その2):FCAヘリテージ ハブ

2019.11.07 画像・写真

2019年に創業120年を迎えたFCAがヘリテージ部門を設立したのは3年前のこと。設立を望んだのは元CEO、故S.マルキオンネだった。「スーパー経営者」「非情なビジネスマン」などと言われた彼は、実は文化を育てることに熱心だったのである。けん引役となったのは、「ムルティプラ」や「500(チンクエチェント)」を手がけた同社のエースデザイナー、R.ジョリート。彼が自動車の歴史や技術に詳しいスタッフを招集して立ち上げられた。活動内容はヘリテージカーを持ち込んでのイベント、ショー、レースへの参加、車両の販売、認定証の発行、レストアと幅広いが、要は「歴史を振り返ることで未来につなげる」ことをコンセプトとする。

ヘリテージ部門の悲願だったのは、歴代車両が一堂に会する場所作り。ディーラーと併設、もしくはショッピングセンターの中に置くなどさまざまなアイデアがあったようだが、最終的に同社最大の工場であるミラフィオーリの一画をリフォーム、ここに集められることとなった。ヘリテージ部門をすべて同じ場所に集めたのだ。120年の時空を超えるクルマたちはふさわしい場所を見つけたといえるだろう。

ここは“ミュージアム”とは呼ばれない。一般公開していない(準備中とのこと)からではない。自動車愛好家の集まるところ、ヘリテージカー集結地という意味を込めてFCA Heritage HUB(FCAヘリテージ ハブ。以下ハブ)と名付けられた。これもふさわしい名前を見つけたと感心する。展示車両台数は250台以上。テーマ展示として、①アーキスターズ/②コンセプト&フオーリセリエ/③エコ&サステナブル/④エピック・ジャーニー/⑤レコード&レース/⑥スモール&セーフに区分けされ、周りをその他の歴代車両が囲む。それではハブの様子を紹介しよう。

(文=松本 葉/写真=FCA、松本 葉)

◆関連記事
必見! イタリアの自動車博物館(その1):アルファ ・ロメオ歴史博物館

あなたにおすすめの記事
新着記事