アキュラNSXタイプS

2021.08.17 画像・写真

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2021年8月13日(現地時間)、「アキュラNSXタイプS」を発表した。

ミドシップのハイブリッドスーパースポーツ「ホンダ/アキュラNSX」の最終モデルであり、レースカー「NSX GT3 Evo」と同じターボチャージャーの採用やバッテリーの出力アップなどにより、システム最高出力を600HP(608PS)に、システム最大トルクを492lb-ft(667N・m)に向上。9段DCTの変速スピードも50%アップしているという。

また3モーターのハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」についても、運動性能を高めるべく再チューニングを実施。より軽量なアルミホイールや同車専用設計の高性能スポーツタイヤ「ピレリPゼロ」の採用、空力性能を高めるためのエクステリアデザインの変更などとも相まって、鈴鹿サーキットでは従来のNSXより2秒短いラップタイムを実現しているという。

世界限定350台の貴重なNSXの姿を、写真で紹介する。

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSXタイプS 2021.8.30 画像・写真 「ホンダNSX」に最終モデルの「タイプS」が登場。従来のNSXより高められた動力性能が特徴で、販売台数はグローバルで350台、日本では30台となっている。2代目NSXのファイナルバージョンにして、貴重なエボリューションモデルの姿を写真で紹介する。
  • ホンダが「NSXタイプS」を発表 30台限定のエボリューションモデル 2021.8.30 自動車ニュース ホンダが現行型「NSX」の最終モデル「NSXタイプS」を発表。パワーユニットやシャシーの改良、空力特性の改善などを通して、動力性能の向上が図られており、鈴鹿サーキットでは従来のNSXより2秒速いラップタイムを実現しているという。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.29 試乗記 フォルクスワーゲンの5ドアクーペ「アルテオン」から派生した、スタイリッシュなワゴン「アルテオン シューティングブレーク」。そのステアリングを握った筆者は、従来のブランドイメージからは想像できなかった仕上がりに衝撃を受けたのだった。
ホームへ戻る