クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び

2020.03.24 カーマニア人間国宝への道

初めてのフェラーリ

新型コロナウイルス感染症の影響で、お仕事はもちろんのことさまざまな娯楽にも制限が出ている。そんな時こそ我々ライターは、「文字を読む」という極めて安全な娯楽を提供し続けるために微力を尽くさねば! と決意を新たにしております。

前回、「フィット」のプレス試乗会でH社のタカフミと再会したことは書いた。彼は数年前、私がお世話になっている中古フェラーリ専門店コーナーストーンズで、中古の「348tb」を買っていた。

348というクルマは、フェラーリの2シーターミドシップモデルの中では飛びぬけて人気がなく、相場も安い。つまりポルシェにおける996型「911」のような存在だが、人気がない理由は996型とは180度異なる。

996型は、911の伝統から外れた涙目と、カイテキかつヌルい走りで人気薄となったが、348は「非常に危険なクルマ」ということで人気薄となったのである。

今を去ること27年前。私は1163万2800円にて、90年式348tbを買った。私にとって初めてのフェラーリであり、初めての輸入車であり、初めての左ハンドル車でありました。

348tbは、直線的でカッコいいスタイリングを持ち、V8エンジンは凄(すさ)まじい快音を奏でたが、ボディー構造や足まわりに恐るべき欠陥を抱えていて、まっすぐ走らなかった。

かの池沢早人師先生も、購入直後、「高速道路で勝手に車線が変わっちゃったよ」とおっしゃったほどで、その後多くのプロドライバーからも酷評された。

コーナーストーンズで「348tb」を購入したタカフミ氏(写真中央)。
コーナーストーンズで「348tb」を購入したタカフミ氏(写真中央)。拡大
タカフミ氏はH社の広報部員。(写真=池之平昌信)
タカフミ氏はH社の広報部員。(写真=池之平昌信)拡大
筆者が初めて購入したフェラーリである「348tb」。
筆者が初めて購入したフェラーリである「348tb」。拡大
筆者が「348tb」を購入した際の注文書。当初1200万円を予定していたが、諸経費が安く収まったことで、1163万2800円で購入することができた。
筆者が「348tb」を購入した際の注文書。当初1200万円を予定していたが、諸経費が安く収まったことで、1163万2800円で購入することができた。拡大

「348」は欠陥車か!?

しかし、348の欠陥ぶりについて、最も多くの発信を行ったのは私だろう。自らの愛車をしゃぶりつくし、「まっすぐ走らない臨死体験マシン」と断じた私の言葉は一部で独り歩きを始め、348の評価を地に落とした……らしい。ごく一部のマニアックな世界での話ですが。

私は348を5年半愛し抜いて、その改良に全力を注いだが、自分にできることはすべてやったという満足感とともに卒業し、以後348を買うことはなかった。「F355」は2台、「512TR」は3台、そして「328」は合計4台も乗ったが、348はあれっきりである。

その後何度か348に乗る機会はあったが、コーナーストーンズ代表のエノテン(榎本 修氏)から、「これは清水さんの初期型とはまったくの別物です!」と自信を持って推された94年式「348スパイダー」でも、根本的な改良はなされていないという印象だったため、「程度の差はあれ、348は全部欠陥車」という私の確信は、逆に確固たるものになった。

が、実はほんの半月ほど前、その件についてエノテンから、いまさらの猛抗議を受けていたのである。

「清水先生が『348はまっすぐ走らない、全部ダメだ』と言ったのは完全に間違ってます! 後期型はまっすぐ走るんですよ! 訂正と謝罪をお願いします!」

逆に私のほうこそ、まっすぐ走る348があるなら乗ってみたいと思っているのだが、新型フィットのプレス試乗会で、あまりにもタイミングよく348オーナーが目の前に現れた。

彼はH社の社員という、自動車に関して責任ある立場であり、かつ、20代で10台以上のスポーツ車両を乗り継いだカーマニア。これは話を聞かねばなるまい。

プレス試乗会終了後、彼とSNSを通じて密に連絡を取り、聞き出した内容は以下のようなものであった。

筆者は「348tb」を93年に購入し、99年に知人に売却するまで、5年半にわたり生活を共にした。
筆者は「348tb」を93年に購入し、99年に知人に売却するまで、5年半にわたり生活を共にした。拡大
知人に売却してからも何度かかつての愛車に乗る機会はあったが、「『348tb』はまっすぐ走らない」という思いは変わらなかった。
知人に売却してからも何度かかつての愛車に乗る機会はあったが、「『348tb』はまっすぐ走らない」という思いは変わらなかった。拡大
「フィット」のプレス試乗会でタカフミ氏と再会。(写真=池之平昌信)
「フィット」のプレス試乗会でタカフミ氏と再会。(写真=池之平昌信)拡大

真っ赤なフェラーリへの憧れ

<フェラーリとの出会い>
H社に入社してからはクルマ好きな同期も多く、彼らに決定的な差をつけるためには初代「NSX」様を買えばよいのでは! とひらめいてすぐ、当時ヤフオクに出ていた真っ赤なNSXの現車確認を依頼しました。

炎天下の熊谷駅でNSXを待っていると、真っ赤なボディーと素晴らしすぎるエンジンサウンドが聞こえてきました。その時点でもう買おう! と決めましたが、目の前に止まった車はNSXではなく、フェラーリの「360モデナ」だったのでした。

僕は一瞬で当初の目的を忘れ、このフェラーリ試乗できますか? と聞いたところ、「H社の方なら安心でしょう!」と快諾を得ました。

このモデナに乗ってから5年間、それ以外の何に乗ったか、僕はほとんど覚えていません。それほどのインパクトでした。

どうしたらフェラーリが買えるか、清水さんの『フェラーリの買い方』『そのフェラーリください』を枕兼バイブルにして5年間熟考しました。

当時はリトラクタブルヘッドライトや、一体何の意味があるか分からないサイドフィンに惚(ほ)れて、「テスタロッサ」をターゲットに定めていました。

<348の購入>
2017年、意を決してコーナーストーンズに足を運びましたが、当時テスタロッサの値段はほとんどピークに達していて、カーセンサー で500万円の売り物があった時代を知っている僕としては、ハードルが高すぎました。

するとエノテンが、イエローの極上348をすすめてくれました。テスタロッサと同じような形をしてるし、8気筒だから12気筒より故障の確率も低いんじゃないか! と心が動きました。しかし初めての操は真っ赤なフェラーリに捧(ささ)げたいという思いはあまりにも強かったので、数週間後に真っ赤な348にハンコをつきました。

その時たまたまコーナーストーンズに清水さんがいらっしゃって、運命を感じた次第です。

今回は紙数が尽きてしまった。果たしてタカフミの348はまっすぐ走ったのか?

(文と写真=清水草一/編集=大沢 遼)

初代ホンダNSX
初代ホンダNSX拡大
フェラーリ360モデナ
フェラーリ360モデナ拡大
フェラーリ348tb
フェラーリ348tb拡大
タカフミ氏はこの日、「フェラーリ348tb」オーナーとなった。
タカフミ氏はこの日、「フェラーリ348tb」オーナーとなった。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ NSX の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。