クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ NSX 試乗記・新型情報

ホンダ NSX 試乗記 ホンダ NSX ニュース ホンダ NSX 画像・写真
  • 2021.11.12 デイリーコラム

    「ホンダS660」が400万円!? 国産中古車高騰の理由から今後の動向を読み解く

    かねてネオクラシック系スポーツカーの高騰が物議を醸していた国産中古車市場だが、最近はその波が“新しいクルマ”にも及んでいるという。趣味性の高いユーズドカーは、なぜ価格が高騰するようになったのか? この状況はいつまで続くのか?

  • 2021.11.8 試乗記

    ホンダNSXタイプS(MR/6MT)【試乗記】

    「ホンダNSX」の最終モデルとして発表された「タイプS」だが、目の前の試乗車は同じNSXタイプSでも先代モデル、17年落ちの2004年式だ。同じ名前でも現行モデルとはまるで違う、電気仕掛けとは無縁のプリミティブな走りを味わってみた。

  • 2021.11.8 エッセイ

    第219回:それは真田幸村のごとく

    清水草一の話題の連載。20年ぶりに初代「ホンダNSX」のステアリングを握った。当時はまったく魅力を感じなかった和製スーパーカーだが、住宅街の最初のカーブを30km/hくらいで曲がったとき、体に電気が走った。

  • 2021.10.8 試乗記

    ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】

    ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。

  • 2021.9.13 エッセイ

    第215回:遥かなる『宇宙戦艦ヤマト』

    清水草一の話題の連載。2代目「ホンダNSX」の生産が2022年12月に終了する。鳴り物入りで登場し、これまでの通算販売台数は2558台。ハイテクを満載した大和魂あふれるミドシップモデルは、なぜ短命に終わったのか。

  • 2021.8.30 自動車ニュース

    ホンダが「NSXタイプS」を発表 30台限定のエボリューションモデル

    ホンダが現行型「NSX」の最終モデル「NSXタイプS」を発表。パワーユニットやシャシーの改良、空力特性の改善などを通して、動力性能の向上が図られており、鈴鹿サーキットでは従来のNSXより2秒速いラップタイムを実現しているという。

  • 2021.8.30 画像・写真

    ホンダNSXタイプS

    「ホンダNSX」に最終モデルの「タイプS」が登場。従来のNSXより高められた動力性能が特徴で、販売台数はグローバルで350台、日本では30台となっている。2代目NSXのファイナルバージョンにして、貴重なエボリューションモデルの姿を写真で紹介する。

  • 2021.8.30 画像・写真

    ホンダNSXタイプS(2004年モデル)

    いよいよ正式発表された2代目「ホンダNSX」の最終モデル「タイプS」。実車が日本初公開された会場には、初代NSXタイプS(後期型)も展示されていた。今や貴重な初代のライトウェイトバージョンを、2代目タイプSの商品説明会の様子とともに紹介する。

  • 2021.8.23 デイリーコラム

    技術はあれど成功ならず 2代目「ホンダNSX」はなぜ短命に終わるのか?

    2022年の生産終了が決まった、ホンダの高性能スポーツカー「NSX」。今の時代に求められるであろう先進のハイブリッド技術を持ちながら、商業的に成功できなかったのはなぜなのか? その要因についてリポートする。

  • 2021.8.17 画像・写真

    アキュラNSXタイプS

    アメリカン・ホンダモーターが「アキュラNSXタイプS」を発表。ミドシップのハイブリッドスーパースポーツ「ホンダ/アキュラNSX」の最終モデルであり、パワートレインの改良や空力特性の見直しなどにより、動力性能の向上が図られているという。その姿を写真で紹介する。

  • 2021.8.3 自動車ニュース

    ホンダが2代目「NSX」の生産終了を発表 最終モデル「タイプS」の情報を先行公開

    ホンダがハイブリッドスーパーカー「NSX」の生産終了を発表。最終モデル「タイプS」の情報を先行公開した。販売台数はグローバルで350台、このうち国内向けが30台となっており、パフォーマンスの向上に加え「所有する喜び」も追求されているという。

  • 2020.12.28 デイリーコラム

    ニスモが「GT-R」のレストアを開始! 盛り上がる名車再生サービスの“功”と“罪”

    ニスモが名車「日産スカイラインGT-R」のレストア事業に着手! メーカーによるレストアや部品供給サービスの拡充は、ファンの愛車維持や中古車市場にどのような影響をもたらすのか? 各メーカーの取り組みとともに解説する。

  • 2020.11.15 思考するドライバー 山野哲也の“目”

    ホンダNSX(後編)

    レーシングドライバー山野哲也が最新の「ホンダNSX」に試乗。前編ではそのパワートレインの仕上がりについて絶賛した山野。後編では「辛口評価」を下さざるを得ないポイントについて、いよいよ重い口を開いてもらおう。

  • 2020.11.8 思考するドライバー 山野哲也の“目”

    ホンダNSX(前編)

    レーシングドライバー山野哲也が「ホンダNSX」の最新モデルに試乗。クルマを降りた直後の口ぶりからは、何やら仕上がりに気になるところがあるようだ。山野の感性がとらえた、和製ハイブリッドスーパースポーツの未完成なポイントとは!?

  • 2020.8.27 自動車ヒストリー

    第82回:スーパーカーを革新した「NSX」
    常に変化を志向するホンダイズムの体現者

    スーパーカーの在り方を根底から覆したホンダの名車「NSX」。高い動力性能と快適さを両立する“人間中心のスーパースポーツ”は、どのような経緯で誕生したのか? 衝撃をもって迎えられた和製スーパーカーの歴史を振り返る。

  • 2020.3.24 エッセイ

    第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び

    清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。

  • 2020.1.12 画像・写真

    東京オートサロン2020(ホンダ)

    ホンダは東京オートサロン2020の会場で「シビックセダン」と「シビックハッチバック」のマイナーチェンジモデルや「シビック タイプR」の改良型を発表。純正コンプリートカーシリーズ「モデューロX」や無限のカスタマイズパーツ装着車などで賑わったブースを写真で紹介する。

  • 2019.12.5 自動車ニュース

    「ホンダNSX」の2020年モデル登場【東京オートサロン2020】

    本田技研工業は2019年12月5日、ミドシップスポーツカー「NSX」の2020年モデルを発表し、注文受け付けを開始した。2020年4月に発売する。ボディーカラーに新色「インディイエロー・パールII」(8万8000円の有償色)を追加設定している。

  • 2019.2.20 エッセイ

    第24回:ホンダNSX(後編)

    自動車のデザインの中でも、特に難しいとされるスーパースポーツ。久々の復活を遂げた「ホンダNSX」には、具体的にどのような問題点があるのか? 現役デザイナー明照寺彰が、迷走するホンダ&アキュラのデザインに物申す。

  • 2019.2.13 エッセイ

    第23回:ホンダNSX(前編)

    久々の復活を遂げた和製スーパースポーツ「ホンダNSX」。そのデザインは、現役カーデザイナー明照寺彰の目にどう映ったのか? 数あるクルマのジャンルの中でも、スーパーカーのデザインが最も難しいとされる理由とは?

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。