ボルボのコンパクトクーペ「C30」、日本上陸

2007.06.29 自動車ニュース

ボルボのコンパクトクーペ「C30」、日本上陸

ボルボ・カーズ・ジャパンは2007年6月28日、新型のコンパクトクーペ「ボルボC30」を発表。翌月の7月1日から予約注文を開始する。

既報の通り、2006年9月のパリショーでデビューした“Cセグメント・ボルボ”が、日本に導入される。

新型の4シーター2ドアクーペは、ガラス製テールゲートをもつユニークなスタイリングが特徴。活動的なライフスタイルを送る独身者やカップル、子育てを終え自由時間の多い中高年などにアピールするという。
そのボディサイズは、全長×全幅×全高=4250×1780×1430mmで、ホイールベースは2640mm。最もコンパクトなセダンである「S40」より220mm短く、同じくコンパクトなワゴン、「V50」と比べると265mm短い。

日本に導入されるエンジンは、170psの2.4リッター直5(2.4i Aktiv/2.4i SE)と、230psの2.5リッター直5ターボ(T-5)の2種類。どちらもマニュアルモード付きの電子制御式5段ATと組み合わされ、前輪を駆動する。足まわりは、フロントがマクファーソン・ストラット、リアがマルチリンク式サスペンションだ。

安全面は、運転状況に応じて警告や車両情報を伝える「IDIS」(インテリジェント・ドライバー・インフォメーション・システム)や、死角の警報システム「BLIS」(ブラインドスポット・インフォメーションシステム)などを用意。大型の他ボルボ車と同等の安全性を確保したという。

価格は、最もベーシックな「C30 2.4i Aktiv(アクティブ)」が285万円。
これに本革シートやウッドパネル、雨滴センサーなどの上級装備を加えた「C30 2.4i SE」が348万円。
2.5リッターターボエンジンを搭載するスポーティグレード「C30 T-5」が387万円となっている。

また、日本導入を記念したモデル「C30 T-5 Sport Design」の販売をweb限定で展開。専用ボディキットやリアにデュアルSPORTテールパイプ、バイキセノンヘッドライトなどを装備する限定モデルだ。

詳しくは、スペシャルサイトから。
http://www.volvocars.co.jp/models/c30_t-5.htm

(webCG 関)


ボルボのコンパクトクーペ「C30」、日本上陸の画像

ボルボのコンパクトクーペ「C30」、日本上陸の画像

関連キーワード:
C30, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ C30 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボC30 T-5(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.10.18 試乗記 ……426万8000円
    総合評価……★★★★★

    ボルボの新型コンパクトクーペ「C30」。ハイプレッシャーターボエンジンを搭載した最速モデル「T-5」に試乗した。
  • ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗記】 2009.5.11 試乗記 ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)
    ……279.0万円/289.0万円/299.0万円

    ボルボの新しいエントリーグレード「2.0e パワーシフト」は、燃費がジマン。500kmを超えるエコラン競走に参加してわかった、その実力は?
  • ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)【試乗記】 2008.3.8 試乗記 ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)
    ……420.0万円/401.0万円/488.0万円

    「ボルボC30/S40/V50」に、共通の特別仕様車「R-DESIGN」が設定された。質実剛健な北欧メーカーは、新たなコンセプトでどんなテイストを表現したのか? 『webCG』のコンドーと関が試乗した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
ホームへ戻る