「トヨタ・ハリアー」がL-finesseデザインに

2007.01.23 自動車ニュース

「トヨタ・ハリアー」がL-finesseデザインに

トヨタ自動車はSUVの「ハリアー」の外装を一部変更するなどし、2007年1月16日から発売を開始した。

今回、全グレードのフロントグリルが新デザインとされた。グリル外枠部分がレクサスの「L-finesse」さながらに、内側が曲線、外側が鋭角となっていることには注目。スポーティ感と高級感を高めることが狙いとされ、他にドアハンドルのメッキ処理とする変更も施された。

さらにボディカラーには新色であるグレーメタリックを追加。3.5リッターエンジン搭載の最上級グレード「AIRS」では、18インチホイールの意匠も改められた。

価格は据え置きとなり、「240G」の266万7000円から「AIRS」の400万500円まで。

(webCG 本諏訪)

「ハリアー350G」
「ハリアー350G」

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.29 試乗記 ダイハツが満を持して市場投入した新型軽クロスオーバー「タフト」。カクカクとしたデザインや開放的なガラスルーフなどが注目を集める同車だが、ライバルに対する真のアドバンテージはどこにあるのか? ターボ付きの最上級グレードに試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る