都市型タイプ「ホンダ・エレメント SC プロトタイプ」【ニューヨークショー06】

2006.04.17 自動車ニュース

【ニューヨークショー06】都市型タイプ「ホンダ・エレメント SC プロトタイプ」

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2006年4月13日ニューヨークショーのプレスデイで、「エレメント」の“都市型パフォーマー”こと「エレメント SC コンセプト」を発表した。

「エレメント SC コンセプト」は、アウトドアユースを主目的につくられたエレメントを都市型にモディファイしたモデル。外観は、エアロパーツなどによって低く構えたエクステリアデザインを実現。足まわりには、スポーツサスペンションや21インチアルミホイールを装着した。インテリアでは、カーペット張りの内装やセンターコンソールなどを専用装備する。

(webCGオオサワ)

本田技研工業:http://www.honda.co.jp/

都市型タイプ「ホンダ・エレメント SC プロトタイプ」【ニューヨークショー06】の画像

関連キーワード:
エレメント, ホンダ, ニューヨークモーターショー2006, イベント, 自動車ニュース

ホンダ エレメント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース/EX・マスターピース【試乗記】 2018.11.10 試乗記 年間販売台数は実に70万台と、いまやすっかりホンダの世界戦略を担うモデルとなった「CR-V」。5代目となる新型の出来栄えを確かめるべく、ハイブリッド車とガソリン車に試乗。ホンダの言う“究極に普通なクルマ”の実力を試した。
  • 「ホンダCR-V」がマイナーチェンジ ブラックのアクセントが目を引く新グレード登場 2020.6.18 自動車ニュース ホンダがミドルサイズSUV「ホンダCR-V」をマイナーチェンジ。内外装の仕様を変更したほか、黒基調のインテリア・エクステリア装飾を特徴とする新たな最上級グレード「EX・ブラックエディション」を設定した。価格は336万1600円から455万8400円。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
ホームへ戻る