ホンダ、新型MPV「エレメント」発表

2003.04.16 自動車ニュース

ホンダ、新型MPV「エレメント」発表

本田技研工業は、北米生産モデルである新型MPV「エレメント」を、2003年4月16日に発表した。発売は4月18日。

■いわば北米版「モビリオ・スパイク」

「エレメント」は、アメリカで「ジェネレーションY」と呼ばれる、20代前半の若者をターゲットにつくられた5人乗りのMPV(マルチパーパスヴィークル)。企画から開発、生産をアメリカで行った、いわゆる“逆輸入車”だ。
キャッチフレーズは、「GO OPEN!遊びの入り口、広げました」。タフなイメージのボクシーなデザインと高いユーティリティ性がセリングポイント、という若年層を狙ったコンセプトは、「モビリオ・スパイク」のそれと似ている。
ワールドプレミアは2002年3月のニューヨークショーで、北米では同年12月から販売されている。

センターピラーレス&左右観音開きの「サイドアクセスドア」がジマン。パワートレインは、北米版「アコード」にも積まれる2.4リッター直4 DOHC16バルブに、4段ATの組み合わせ。駆動方式は4WDのみで、トリムレベルのないモノグレード構成となる。価格は259.0万円。月の販売目標を1000台に設定する。

■濡れたままでもOK

外観は、海辺でライフガードが待機する「ライフガードステーション」をモチーフにデザイン。流れるようなボディラインをあえて使わず、ツートーンの面構成と骨太の構造物をイメージし、機能と個性の両立を目指したという。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4300×1815×1790mm、ホイールベースは2575mm。「オデッセイ」と較べると、全長で545mm、ホイールベースは255mm短いが、横幅は15mm広い。

特徴的な「サイドアクセスドア」は、前が最大78度、後は90度開口。高さ1140mm、幅1550mmの“大口”で、「心までもオープンにする開放感を実現しました」(広報資料)。リアゲートは上下2分割式の「クラムシェル・テールゲート」。荷物やひとの乗降がスムーズに行える「マルチアクセス」がポイントという。

インテリアは、気兼ねなく使えるよう、余分な装飾のないシンプルな空間にしたという。腕時計をイメージした独立3眼メーター、インストルメントパネル中央からニョキっと生えるシフターなどが目に飛び込む。
シート配置は前後2列の独立式。後席は280mmスライドできるほか、(定番の)フルフラットなどのシートアレンジが可能。リアシートを左右に跳ね上げれば、フラットなカーゴスペースが広がる。さらに助手席を倒せば、10フィート(約3m)のロングボードも収納できる、と説明される。

成形自由度の高い樹脂製燃料タンクなどを採用し、低床&フラット化を実現。汚れや水に強く、モップなどで拭き取れる「ワイパブルフロア」を採用し、濡れたままのサーフボードなどを載せても、簡単に拭き取ることができるという。シート表皮にも撥水加工が施されるので、海から上がってそのまま乗り込むこともできるなど、アウトドアユースを意識したつくりだ。

■160ps、22.2kgm

2.4リッター直4 DOHC16バルブ「i-VTEC」エンジンは、160ps/5500rpmの最高出力と22.2kgm/4500rpmの最大トルクを発生。エレメント用にチューニングされたという4段ATと組み合わされる。
駆動方式は、油圧多板クラッチを備えた4WD。通常はほぼFF(前輪駆動)状態で走り、雪道や泥濘地など走行状況に応じて後輪に駆動を伝える。
環境性能は、平成12年度基準排出ガス75%低減レベル「超-低排出ガス」認定に加え、平成22年燃費基準に適合。グリーン税制の優遇措置が受けられる。10・15モード燃費は、リッター10.6km。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアはダブルウィッシュボーン。リアサスペンションは、コンパクトなダンパーの採用やレイアウトを工夫し、荷室への張り出しを抑えたという。

装備品として、オートエアコンやキーレスエントリー、電動格納式リモコンドアミラーなどが備わるが、オーディオは付かない。安全装備は、EBD付きABSや、前席SRSエアバッグなどを標準装備する。

(webCGオオサワ)

本田技研工業「エレメント」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/element/

ホンダ、新型MPV「エレメント」発表の画像

アメリカ生まれの「エレメント」。開発は北米の研究拠点であるホンダR&Dアメリカ、生産はホンダ・オブ・アメリカのオハイオ州イーストリバティ工場で行われる。
名前は、英語で「世界を構成する根源要素」の意味。EARTH、WATER、AIR、FIREのように、このクルマが自分の生き方を大切にしたい人にとって欠かせない存在であって欲しい、という意思を込めたネーミング、という

アメリカ生まれの「エレメント」。開発は北米の研究拠点であるホンダR&Dアメリカ、生産はホンダ・オブ・アメリカのオハイオ州イーストリバティ工場で行われる。名前は、英語で「世界を構成する根源要素」の意味。EARTH、WATER、AIR、FIREのように、このクルマが自分の生き方を大切にしたい人にとって欠かせない存在であって欲しい、という意思を込めたネーミング、という

エレメントの開発責任者、松嶋稔郎氏。エレメントは、低迷するSUV市場への新しい提案であるとともに、ユニークなコンセプトをもつ“提案型商品”を出すことで、ホンダという会社を理解してもらう意味もあるという。ライバルは? との質問に「同じコンセプトのクルマはありませんが、強いていえばクライスラーPTクルーザーや、日産のエクストレイルでしょうか」。アメリカでは、約6000台/月を販売するそうだ。

エレメントの開発責任者、松嶋稔郎氏。エレメントは、低迷するSUV市場への新しい提案であるとともに、ユニークなコンセプトをもつ“提案型商品”を出すことで、ホンダという会社を理解してもらう意味もあるという。ライバルは? との質問に「同じコンセプトのクルマはありませんが、強いていえばクライスラーPTクルーザーや、日産のエクストレイルでしょうか」。アメリカでは、約6000台/月を販売するそうだ。

エレメント最大の特徴「サイドアクセスドア」。松嶋氏によれば、「スライドドアにするとミニバンみたいになる。普通のドアでは、CR-Vなどと差別化が図れない。インパクトの強さも狙って、観音開きを採用した」と語った。

エレメント最大の特徴「サイドアクセスドア」。松嶋氏によれば、「スライドドアにするとミニバンみたいになる。普通のドアでは、CR-Vなどと差別化が図れない。インパクトの強さも狙って、観音開きを採用した」と語った。



ホンダ、新型MPV「エレメント」発表の画像

シートアレンジをアニメーションで表示しています

シートアレンジをアニメーションで表示しています



ホンダ、新型MPV「エレメント」発表の画像

停めたところがパーティ会場に……。テールゲートに腰掛けてワイワイやることから、アメリカで「テールゲートパーティ」と呼ばれる。

停めたところがパーティ会場に……。テールゲートに腰掛けてワイワイやることから、アメリカで「テールゲートパーティ」と呼ばれる。

関連キーワード:
エレメント, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ エレメント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース/EX・マスターピース【試乗記】 2018.11.10 試乗記 年間販売台数は実に70万台と、いまやすっかりホンダの世界戦略を担うモデルとなった「CR-V」。5代目となる新型の出来栄えを確かめるべく、ハイブリッド車とガソリン車に試乗。ホンダの言う“究極に普通なクルマ”の実力を試した。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
ホームへ戻る