日本に10台「マセラティ・グランスポーツ MCビクトリー」を発売

2006.04.07 自動車ニュース

日本に10台「マセラティ・グランスポーツ MCビクトリー」を発売

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、2005年のFIA GT選手権マニュファクチャラーズカップで「マセラティ MC12」が優勝したことを記念して、「マセラティ・グランスポーツ」の限定モデル「MCビクトリー」を、2006年4月6日に発売した。世界限定180台、日本への割り当てはわずか10台で、価格は1533.0万円。

「MCビクトリー」はグランスポーツに、レース参戦したコンペティションモデル「マセラティMC12」を彷彿とさせるような改良や、新装備を付与したモデルだ。
外観は、バンパー下部の前後スポイラーを大型のブルーカーボン製とし、高速域での操縦安定性を向上。前後スポイラーとフロントフェンダーには、イタリア国旗のエンブレムがあしらわれる。ボディ色に、MC12と同じ「Blu Victory」を設定したこともスペシャルだ。

インテリアには、外装と同様ブルーカーボンを採用。シートはMC12と同じカーボン製バケットタイプで、グランスポーツに較べて20kg軽量化された。センタートンネルに、シリアルナンバーを刻んだプレートが装着されるところは、限定車ならではだ。

JAIA(日本自動車輸入組合)の調べによると、2005年度のマセラティは、04年度に較べて新規登録台数で7.6%上昇。フェラーリの407台にせまる397台が登録された。

(webCGオオサワ)

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド:http://www.cornesmotor.com/

日本に10台「マセラティ・グランスポーツ MCビクトリー」を発売の画像



日本に10台「マセラティ・グランスポーツ MCビクトリー」を発売の画像



日本に10台「マセラティ・グランスポーツ MCビクトリー」を発売の画像

関連キーワード:
グランスポーツ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)【試乗記】 2013.2.20 試乗記 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)
    ……2090万3000円

    自然吸気の4.7リッターV8エンジンを搭載する4シーターイタリアンGT、「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」の6段ロボタイズドMTモデルに試乗した。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る