「トヨタ・ハリアー」、3.5リッターV6エンジン新搭載

2006.01.11 自動車ニュース

「トヨタ・ハリアー」、3.5リッターV6エンジン新搭載

トヨタ自動車は、「ハリアー」を一部改良し、2006年1月10日に発売した。

3リッターエンジンにかわり、3.5リッターV6「2GR-FE」ユニットが採用された。最高出力280ps/6200rpm、最大トルク35.3kgm/4700rpmを発生。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」と「平成22年度燃費基準+5%」、または「平成22年度燃費基準」を達成し、グリーン税制による減税措置を受けられる。トランスミッションは5段ATだ。
同エンジン搭載「350G」「AIRS」は、319万2000円から400万500円まで。

さらに、2.4リッター「240G」および350Gで、対向車への眩惑を低減する光軸調整用オートレベリング機構を採用したディスチャージヘッドランプを拡大設定し全車標準装備に。全車にシートベルトウォーニングブザー、二鏡面式補助確認装置、ワイアレスドアロック対応キーを標準設定、HDDナビゲーションをオプション設定するなどした。
2.4リッターモデルは、266万7000円から325万5000円まで。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「ハリアー」:
http://toyota.jp/harrier/

「トヨタ・ハリアー」、3.5リッターV6エンジン新搭載の画像

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.29 試乗記 ダイハツが満を持して市場投入した新型軽クロスオーバー「タフト」。カクカクとしたデザインや開放的なガラスルーフなどが注目を集める同車だが、ライバルに対する真のアドバンテージはどこにあるのか? ターボ付きの最上級グレードに試乗し、その実力を確かめた。
  • カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活 2020.7.17 自動車ニュース カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場。カワサキはもちろん、二輪市場全体を見ても久々となる250ccクラスの4気筒モデルで、最高出力45PS/1万5500rpm、最大トルク21N・m/1万3000rpmを発生。クラス随一の充実した装備も特徴となっている。
ホームへ戻る