日産、「ティーダ」「ティーダ・ラティオ」「オッティ」を一部改良

2005.12.26 自動車ニュース

日産、「ティーダ」「ティーダ・ラティオ」「オッティ」を一部改良

日産自動車は、ハッチバック「ティーダ」とセダン「ティーダ・ラティオ」、軽自動車「オッティ」を一部改良し、2005年12月21日に発売した。

ティーダとティーダ・ラティオでは、1.8リッターモデルが1.5リッター車同様に「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定を取得。「平成22年度燃費基準」とあせて、グリーン税制の優遇措置を受けることができるようになった。
また、法規に従いハロゲンヘッドランプ装着車にヘッドランプレベライザー(マニュアル)を標準装備するなどした。
ティーダが145万9500円から191万1000円まで、ティーダ・ラティオは132万3000円から190万500円まで。

オッティ、つまり「三菱eKワゴン」のOEMモデルは、eKワゴンと同様にエアコンフィルター消臭機能を全車に追加。一部グレードにリアスピーカーを標準で与えるなどした。96万750円から146万3700円まで。

なお、オーテックジャパンによる3車の福祉車両「ライフケアビークル」も引きつづき販売される。

(webCG 有吉)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

 
日産、「ティーダ」「ティーダ・ラティオ」「オッティ」を一部改良の画像

関連キーワード:
ティーダラティオ, オッティ, ティーダ, 日産, 自動車ニュース

日産 ティーダラティオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
ホームへ戻る