「日産ティーダ」マイナーチェンジし内外装が変更

2008.01.31 自動車ニュース

「日産ティーダ」がマイナーチェンジ

日産自動車は2008年1月28日、コンパクトハッチ&セダンの「ティーダ」「ティーダ・ラティオ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

■ 主に内外装の変更

“SHIFT_ compact quality”、つまり「質の高いコンパクトカー」がコンセプトの「日産ティーダ」。

今回のマイナーチェンジにより、「ティーダ」「ティーダ・ラティオ」ともにお化粧直しが施され、フロントグリル、バンパー、ヘッドランプの意匠を変更。加えて「ティーダ」はリアコンビランプとリアバンパーにも手を加え、いっそうの洗練を図っている。

また、「ティーダ」はインパネのデザインが変更され、モダンかつスポーティな雰囲気を実現したという。

環境面では、1.5リッターのCVTモデルが「平成22年度燃費基準+20%」を達成。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」認定と組み合わされることにより、3万2000円の税制優遇措置が受けられる。

■“走り”のモデルも登場

従来搭載されるトランスミッションはCVTもしくは4ATのみであったが、今回新たに6MTを搭載したモデルが追加設定された。前述の内装の変更に伴い、“走り”の欲求にもこたえる。

なお、オーテックジャパンは今回のマイナーチェンジに合わせ、「ティーダ」のカスタムカー「アクシス」に新グレードを追加。福祉車両「ライフケアビークル」シリーズについてもマイナーチェンジ後の車両をベースとした。

(webCG 玉城)

「ティーダ」
「ティーダ」

「日産ティーダ」マイナーチェンジし内外装が変更の画像

「日産ティーダ」マイナーチェンジし内外装が変更の画像
「ティーダ・ラティオ」
「ティーダ・ラティオ」

関連キーワード:
ティーダ, ティーダラティオ, 日産, 自動車ニュース

日産 ティーダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産ノートe-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)【試乗記】 2018.11.1 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」を手がけたオーテックが、もうひとつのスペシャルバージョン「ノートe-POWER AUTECH」を開発。その走りにはどのような違いがあるのか、「スポーツスペック」と名付けられた上級グレードで確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • ブラックを基調にエクステリアを仕立てた「ノートNISMO」の特別仕様車「ブラック リミテッド」登場 2019.10.7 自動車ニュース 日産自動車は2019年10月7日、コンパクトカー「ノートNISMO」に特別仕様車「Black Limited(ブラック リミテッド)」を設定し、11月に発売すると発表した。ボンネットの一部やルーフ、シャークフィンアンテナ、スポイラーなどが黒でコーディネートされている。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)/スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る