ホンダ、軽乗用車「バモス」「バモス・ホビオ」をマイナーチェンジ

2005.12.12 自動車ニュース

ホンダ、軽乗用車「バモス」「バモス・ホビオ」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、軽乗用車「バモス」と、カーゴルームを備える「バモス・ホビオ」の装備内容を変更するなどし、バモスは2005年12月12日、バモス・ホビオは12月26日に発売する。

バモスには、新たに「Lターボ」「Mターボ」を設定。パワー64ps/6000rpm、トルク9.5kgm/3700rpmを発生するターボ車である。オイル交換インジケーターを追加したのが新しい点だ。

また、メーカーオプションとして「Sパッケージ」を全タイプに設定した。これには、専用ローダウンサスペンション、3本スポークステアリングホイール、13インチ専用アルミホイールなどが含まれる。
さらに、メーカーオプションとしてバモス・ホビオに用意されていた「ワイパブルマット」を採用した(「L」「Lターボ」のみ)。

左側ドアミラーに、フロントドア下部の死角を減らすサイドアンダーミラーを追加。インテリアでは、木目の色味、シート柄を変更した。ボディカラーは新色3色を加え、全10色となる。

価格は、ターボモデルが139万4400円から160万440円まで。NAエンジン車は、118万200円から146万7900円まで。

バモス・ホビオは、バモスの変更にあわせ、左側ドアミラーにフロントドア下部の死角を減らすサイドアンダーミラーを追加。ボディカラーも新色3色を加え、全10色となった。ターボモデルにおいても、オイル交換インジケーターを追加した。

価格は、115万9200円から162万5400円まで。

(webCG 田中)

本田技研工業「バモス」:
http://www.honda.co.jp/VAMOS/

 
ホンダ、軽乗用車「バモス」「バモス・ホビオ」をマイナーチェンジの画像

【写真上】「バモスMターボ」
【写真下】「バモス・ホビオ」
 

	【写真上】「バモスMターボ」
	【写真下】「バモス・ホビオ」
	 

関連キーワード:
バモス, バモスホビオ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ バモス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツR-DYNAMIC SE D180(4WD/9AT)【試乗記】 2020.5.7 試乗記 ランドローバーのエントリーモデル「ディスカバリー スポーツ」がビッグマイナーチェンジ。ディーゼルエンジン搭載の「R-DYNAMIC SE D180」に試乗し、最新のプラットフォームを用いたシャシーや新たに採用された運転支援機能の仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
ホームへ戻る