「ホンダS2000」、排気量をアップしてマイナーチェンジ

2005.11.25 自動車ニュース

「ホンダS2000」、排気量をアップしてマイナーチェンジ

本田技研工業は、オープン2シータースポーツ「S2000」をマイナーチェンジし、2005年11月25日に発売した。

最大の変更は、エンジンを従来の2.0リッターVTECから2.2リッターとしたこと。パワーは8psダウンし、242ps/7800rpmとなったが、そのぶんトルクを0.5kgm太く、22.5kgm/6500〜7500rpmとし、中・低速回転域での扱いやすさを重視した。さらに、電子スロットル「ドライブ・バイ・ワイヤ」を新たに採用。ギアをローレシオ化し、加速性能、実用域でのレスポンスを向上させた。

エクステリアでは、新デザインの17インチアルミホイールを採用。ボディカラーにバミューダブルー・パール、ディープバーガンディ・メタリックを追加した。

インテリアでは、ステアリングホイール、シート形状のデザインなどを変更。インテリアカラーにブラウンを追加した。加えて、スピードメーターに外気温表示機能、セキュリティアラームが装備されたことも新しい。

価格は、従来比で10.5万円アップして、「S2000」が378.0万円、可変ギアレシオステアリングを備える「タイプV」は399.0万円。

(webCG 田中)

ホンダ「S2000」:
http://www.honda.co.jp/S2000/

「ホンダS2000」、排気量をアップしてマイナーチェンジの画像



「ホンダS2000」、排気量をアップしてマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
S2000, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ S2000 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ホンダS2000」の発売20周年を記念した純正アクセサリー発売 2020.2.20 自動車ニュース ホンダアクセスは2020年2月20日、2019年に発売から20周年を迎えた「ホンダS2000」用の純正アクセサリーの予約注文受付を開始した。2020年6月26日に発売する。
  • ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】 2008.10.3 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)/NSX-R(MR/6MT)
    ……432万6000円/1255万4850円

    スポーツの秋、ドライブの秋。なのにお寒いニッポンのスポーツカー市場。“走りのクルマ”に未来はないのか!? ホンダの2台を駆って、その魅力を探った。 
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • インディアン・スカウト100thアニバーサリーエディションを試す 2020.3.31 乗って知る“アメリカンレジェンド”インディアンの今<AD> バイク製造に乗り出したのは1901年と、アメリカでも“最古”の歴史を誇るオートバイメーカー、インディアン。あまたの伝説に彩られたこのブランドは、どのような魅力を秘めているのか? ラインナップの一翼を担う「スカウト」の100周年記念モデルで確かめた。
ホームへ戻る