アルマーニ・デザインの「メルセデスベンツCLKカブリオレ」

2005.04.01 自動車ニュース

アルマーニ・デザインの「メルセデスベンツCLKカブリオレ」

ダイムラー・クライスラー日本は、イタリアのファッションデザイナー、ジョルジオ・アルマーニが内外装をコーディネートした特別仕様車「メルセデスベンツCLKデジーノbyジョルジオ・アルマーニ」を発売する。
世界限定100台、日本では30台が販売されるレア車で、価格は1260.0万円。受注期間は2005年5月15日までで、購入希望者が多い場合は抽選で決定する。

「CLKデジーノbyジョルジオ・アルマーニ」は、日本初導入となる「CLK500カブリオレ」(5リッターV8+7段AT「7G-TRONIC」)をベースにつくられたスペシャル・モデルだ。

ボディカラーに、アルマーニのトレードマークという、つや消しのサンドカラー「マグノ・サビア」を採用。ソフトトップは専用のハイテク素材が使われるほか、18インチAMGアルミホイールや、AMGデザインのエアロパーツを装着する。

インテリアには、ブラウンの本革とハイテク素材を組み合わせたシートを配し、パネルやトリムはウッドではなく、シートと同系色のレザーとクロームパーツの組み合わせ。アルマーニらしいコーディネートを施したという。
装備品として、ハーマン/カードン社製サウンドシステムが備わる。

ちなみに、同モデルは4月2日から、東京は六本木の「森アーツセンター」で開かれる「ジョルジオ・アルマーニ展」で展示される。

(webCGオオサワ)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

アルマーニ・デザインの「メルセデスベンツCLKカブリオレ」の画像

世界で100台、日本にはおよそ3分の1にあたる30台がアロケーションされる「メルセデスベンツCLKデジーノbyジョルジオ・アルマーニ」。ちなみに、このうち1台はジョルジオ・アルマーニの日本のビジネスパートナーに販売するため、実質29台が販売されるという。

世界で100台、日本にはおよそ3分の1にあたる30台がアロケーションされる「メルセデスベンツCLKデジーノbyジョルジオ・アルマーニ」。ちなみに、このうち1台はジョルジオ・アルマーニの日本のビジネスパートナーに販売するため、実質29台が販売されるという。

関連キーワード:
SLKクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SLKクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • BMWが「6シリーズ グランツーリスモ」のマイナーチェンジモデルを発表 2020.5.29 自動車ニュース 独BMWは2020年5月27日(現地時間)、「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」のマイナーチェンジモデルを発表した。フロントグリルを大型化し細目のヘッドランプを採用するなど、最新のBMW車に共通するデザインコンセプトを用いている。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • アルピナがニューモデル「D3 S」を発表 最高出力355PSの高性能ディーゼルモデル 2020.5.11 自動車ニュース ニコル・オートモビルズが「BMWアルピナD3 S」の日本導入を発表。最高出力355PSの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載した高性能スポーツモデルで、アルピナ初のマイルドハイブリッド機構の採用により、高効率な走りも追求されている。
ホームへ戻る