モデル末期の「キャデラック・ドゥビル」にヤナセ仕様の限定車

2005.01.28 自動車ニュース

モデル末期の「キャデラック・ドゥビル」にヤナセ仕様の限定車

米ゼネラルモーターズの輸入代理店であるヤナセは、キャデラックブランドの上級セダン「ドゥビル」の特別仕様車を、2005年2月5日から30台限定で販売する。

1915年の創業当時よりキャデラックブランドを扱うヤナセが、今回90周年を記念して販売するモデルが「キャデラック・ドゥビルDHSアニバーサリーエディション」だ。

ベース車は4.6リッターV8エンジンを搭載する「ドゥビルDHS」。主な特別装備は、クロームグリルやディッシュタイプのクロームアルミホイール、ウッドダッシュパネルなど。オールドキャデラックをイメージしたという外装と、豪華な内装に仕上げたのがポイントだ。

さらに購入の際に、歴代キャデラックエンブレムのピンバッジもプレゼントされる。

およそ50万円相当という装備を与えながらも、価格はベース車より10.0万円高い835.0万円に設定された。
ヤナセ系のディーラーでのみ扱われ、30台の限定販売となる。

なお間もなくドゥビルは、先のアメリカ大統領就任式で大統領専用リムジンとしてデビューした新型「DTS」に、キャデラックのトップの座を明け渡すことになる。

(webCG 本諏訪)

ヤナセ:
http://www.yanase.co.jp/

モデル末期の「キャデラック・ドゥビル」にヤナセ仕様の限定車の画像

関連キーワード:
ドゥビル, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック ドゥビル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
ホームへ戻る