ヤナセ、「キャデラック」2001年モデルを発売

2000.11.13 自動車ニュース

ヤナセ、「キャデラック」2001年モデルを発売(11/13)

キャディラック「セビル」および「ドゥビル」の2001年モデルが、2000年12月1日より輸入・販売元のヤナセから発売される。

「セビル」における変更は、従来のハロゲンヘッドランプから、より明るいクセノンヘッドランプになったほか、ヘッドランプウォッシャー、雨量に応じて作動するレインセンスワイパーなどが追加装備された。価格は、「SLS」が従来モデルの34万円高で630.0万円、「STS」が同18万円高で670.0万円。

キャディラックの最高級車「ドゥビル」(写真は旧モデル)では、MDプレーヤーが標準装備。世界初と謳う車載赤外線暗視システム「ナイトビジョン」は、引き続きオプション設定とされた。価格は、旧モデルより11万円高で、710.0万円。

全モデル、ハイオク以外にレギュラーガソリンでも走行可能になった。また、エンジンを中心とする各コンポーネントを統合制御する「ノーススターシステム」や、滑りやすい路面などでのシャシーコントロール、「スタビリトラック」は、従来どおり標準で装備される。(web CG 有吉)

「キャディラック」サイト:
http://www.cadillac.co.jp/

 
ヤナセ、「キャデラック」2001年モデルを発売の画像

関連キーワード:
セビル, ドゥビル, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック セビル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
ホームへ戻る