フェラーリ、パリサロンに次世代V8モデル「F430」を出展

2004.09.02 自動車ニュース

フェラーリ、パリサロンに次世代V8モデル「F430」を出展

フェラーリは、「360モデナ」の後継となる新しいV8モデル「F430」を、2004年のパリサロン(9月23日-10月10日)に出展する。

「フェラーリF430」は、「360モデナ」の後を継ぐニューモデル。エアロダイナミクスを採り入れたボディ、進化したクラッチレスMT「F1トランスミッション」など、F1で培った技術を反映してつくられたという。
ボディサイズは全長が先代比で約20mm長く、全長×全幅×全高=4512×1923×1214mm、ホイールベース=2600mm。360モデナと同様アルミ製で、車重はF1トランスミッション仕様の360モデナと同じ、1450kgにすぎない。

モデナの3.6リッターから4.3リッターに拡大されたパワーユニットは、ボア×ストローク=92×81mm、圧縮比11.3:1と、フェラーリらしい高回転型。490ps/8500rpmの最高出力と、47.4kgm/5250rpmの最大トルクを発生する。

“F1のフェラーリ”を体現するF1トランスミッションのシフトタイミングは、0.15秒に短縮。カーボンセラミックコンポジットディスクブレーキなど、「エンツォ・フェラーリ」や「チャレンジ・ストラダーレ」に採用した技術を盛り込んだ。0-100km/h加速はチャレンジ・ストラダーレを0.1秒上回る4秒フラット、最高速度は315km/hに達するという。

(webCGオオサワ)

フェラーリ(伊):
http://www.ferrari.it/

 
フェラーリ、パリサロンに次世代V8モデル「F430」を出展の画像


 
フェラーリ、パリサロンに次世代V8モデル「F430」を出展の画像

関連キーワード:
F430, フェラーリ, パリモーターショー2004, イベント, 自動車ニュース

フェラーリ F430 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX/ハスラー ハイブリッドXターボ【試乗記】 2020.2.6 試乗記 一代にして軽クロスオーバーというジャンルを築いた「スズキ・ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ユーティリティー、装備の充実度、快適性、走りの質感と、全方位的な進化を遂げた新型は、開発理念にブレのない、完成度の高いクルマに仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
ホームへ戻る