第153回:26歳、まさかのフェラーリ!

2019.12.03 カーマニア人間国宝への道

令和初! 大乗フェラーリミーティング

赤の「328GTS」から黒の328GTSという、まれに見るちっちゃな乗り換えを実行した私ですが、では、ごく最近フェラーリを買った皆さまは、いったいどのような車歴をお持ちなのだろうか?

その一端を探るべく、先日行われたワタクシ主催のイベント「大乗フェラーリミーティング」において、令和になってからフェラーリを購入されたという10名さまに、アンケートをお願いしてみました。

私の予想では、過半数の方がフェラーリからフェラーリへの乗り換えで、これが初めてのフェラーリ購入という方は少ないんじゃないかと思っていた。

なにせ、「フェラーリが好き」という趣味嗜好(しこう)自体が、日本ではほぼ中高年特有のものになっている(推測)。しかも中古フェラーリ相場は、ここ8年ほど、海外相場に引っ張られる形で上昇を続けていて、私のミーティングに来てくれるような庶民系オーナーさまには、年々ハードルが高くなっている。

つまり、最近フェラーリを買った方は、相場が安い時期にフェラーリを手に入れて、私同様、フェラーリからフェラーリへの買い換えを実行しているケースが多いんじゃないか……と推測していたのだ。

ところが! 案に相違して、今回が複数台目のフェラーリ購入だと答えた方は、10名中4名さましかいらっしゃらなかったのです。

その4名さまの年齢を見ると、全員が私と同じ50代! 皆さまの通算のフェラーリ購入台数は、6台、4台、2台、2台となっておりました。購入モデルは、「488ピスタ」が2(!)、「512TR」、そして「F430」でした。

皆さま、完全なる成功者でらっしゃいますね……。

“令和のフェラーリまつり”と題し開催された、筆者主催の「大乗フェラーリミーティング」には、合計181台のフェラーリが集結した。
“令和のフェラーリまつり”と題し開催された、筆者主催の「大乗フェラーリミーティング」には、合計181台のフェラーリが集結した。拡大
Bunbunさん(58)の「488ピスタ」。これまでのフェラーリ歴は、「328GTS」「F355」「458イタリア」「458スペチアーレ」「スクーデリア スパイダー16M」。スゲエ!
Bunbunさん(58)の「488ピスタ」。これまでのフェラーリ歴は、「328GTS」「F355」「458イタリア」「458スペチアーレ」「スクーデリア スパイダー16M」。スゲエ!拡大
金子正佳さん(58)の「512TR」。これまでのフェラーリ歴は、「550マラネロ」「360モデナ」「575Mマラネロ」!
金子正佳さん(58)の「512TR」。これまでのフェラーリ歴は、「550マラネロ」「360モデナ」「575Mマラネロ」!拡大
ミスターブーさん(56)の「F430」。これまでのフェラーリ歴は「F355」!
ミスターブーさん(56)の「F430」。これまでのフェラーリ歴は「F355」!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フェラーリ 488ピスタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • 成功のカギは“ホカン”にあり!? スーパーSUV「ランボルギーニ・ウルス」はどうしてこんなに売れるのか? 2020.8.7 デイリーコラム 3000万円級の高価格でありながら、2年で1万台という驚異的なセールスを記録したスーパーSUV「ウルス」。その成功は、単なるSUVブームによるものなのか? 容易ならざる勝利の理由を、業界の識者はこう見る。
  • ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上 2020.7.1 自動車ニュース 英ベントレーは2020年6月30日、マイナーチェンジを施した、ラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」の最新型を発表した。内外装のデザインが手直しされたほか、コネクティビティ―をはじめとする利便性も見直されている。
ホームへ戻る