クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第153回:26歳、まさかのフェラーリ!

2019.12.03 カーマニア人間国宝への道

令和初! 大乗フェラーリミーティング

赤の「328GTS」から黒の328GTSという、まれに見るちっちゃな乗り換えを実行した私ですが、では、ごく最近フェラーリを買った皆さまは、いったいどのような車歴をお持ちなのだろうか?

その一端を探るべく、先日行われたワタクシ主催のイベント「大乗フェラーリミーティング」において、令和になってからフェラーリを購入されたという10名さまに、アンケートをお願いしてみました。

私の予想では、過半数の方がフェラーリからフェラーリへの乗り換えで、これが初めてのフェラーリ購入という方は少ないんじゃないかと思っていた。

なにせ、「フェラーリが好き」という趣味嗜好(しこう)自体が、日本ではほぼ中高年特有のものになっている(推測)。しかも中古フェラーリ相場は、ここ8年ほど、海外相場に引っ張られる形で上昇を続けていて、私のミーティングに来てくれるような庶民系オーナーさまには、年々ハードルが高くなっている。

つまり、最近フェラーリを買った方は、相場が安い時期にフェラーリを手に入れて、私同様、フェラーリからフェラーリへの買い換えを実行しているケースが多いんじゃないか……と推測していたのだ。

ところが! 案に相違して、今回が複数台目のフェラーリ購入だと答えた方は、10名中4名さましかいらっしゃらなかったのです。

その4名さまの年齢を見ると、全員が私と同じ50代! 皆さまの通算のフェラーリ購入台数は、6台、4台、2台、2台となっておりました。購入モデルは、「488ピスタ」が2(!)、「512TR」、そして「F430」でした。

皆さま、完全なる成功者でらっしゃいますね……。

“令和のフェラーリまつり”と題し開催された、筆者主催の「大乗フェラーリミーティング」には、合計181台のフェラーリが集結した。
“令和のフェラーリまつり”と題し開催された、筆者主催の「大乗フェラーリミーティング」には、合計181台のフェラーリが集結した。拡大
Bunbunさん(58)の「488ピスタ」。これまでのフェラーリ歴は、「328GTS」「F355」「458イタリア」「458スペチアーレ」「スクーデリア スパイダー16M」。スゲエ!
Bunbunさん(58)の「488ピスタ」。これまでのフェラーリ歴は、「328GTS」「F355」「458イタリア」「458スペチアーレ」「スクーデリア スパイダー16M」。スゲエ!拡大
金子正佳さん(58)の「512TR」。これまでのフェラーリ歴は、「550マラネロ」「360モデナ」「575Mマラネロ」!
金子正佳さん(58)の「512TR」。これまでのフェラーリ歴は、「550マラネロ」「360モデナ」「575Mマラネロ」!拡大
ミスターブーさん(56)の「F430」。これまでのフェラーリ歴は「F355」!
ミスターブーさん(56)の「F430」。これまでのフェラーリ歴は「F355」!拡大

最年少「456GT」オーナー

一方、今回が初めてのフェラーリ購入だと答えた6名さまはというと、20代が2名(!)、30代2名、40代2名と全体にとても若い! 購入モデルは、「348」「F355」が2名ずつ、「360モデナ」1名。そして「456GT」が1名という、すべてが「激安ゾーン」に属する中古フェラーリで御座いました! スバラシイ!

それにしても20代が2人もいるとは……。日本の未来は明るいネ!! 

中でも最年少の26歳のT青年は、456GTを人生初の自家用車として買ったというから超絶ブッタマゲ!

456GTについては、私は常々「絶対に買ってはいけない中古フェラーリ」と申し上げております。というのも、設計段階から壊れているからです。最初からエンジンルームが狭すぎてオーバーヒートしまくりだし、最初からウィンドウがちゃんと閉まらないし、最初から走ればめっけもんというほどトラブルの宝庫。いや、私は456を買ったことはないので、あまり詳しくは存じませんが、そのように聞いております。そして、ババ抜きのババのように、次から次へと不幸なオーナーさまを生産し続けていると聞いております。なにせ安いんで、つい飛びついちゃうだろうね……。

ところがT青年は、その評判を知った上で、それでも果敢に購入したというのです! いったいナゼ?

T青年「子供の頃から父に、『フェラーリの12気筒が世界で一番エライ』と聞いていましたから。だったらそれを買おうと思って」

ちなみに父上は根っからのカーマニアで、「ランチア・デルタ インテグラーレ エボルツィオーネII」にお乗りとのこと。インテグラーレに乗りつつ、「フェラーリ12気筒が世界で一番エライ」と息子に教えるなんて、なんてスバラシイ教育だ! 涙が出る。

つかぽんさん(28)の「360モデナ」。プレイステーションの『グランツーリスモ』でフェラーリを知り、20代で見事に購入!
つかぽんさん(28)の「360モデナ」。プレイステーションの『グランツーリスモ』でフェラーリを知り、20代で見事に購入!拡大
T青年(26)の「456GT」! これが初の自家用車! シアワセになってほしい!
 
T青年(26)の「456GT」! これが初の自家用車! シアワセになってほしい!
	 拡大
山科さん(33)の「348ts」。これまで「アルファ147GTA」や「ポルシェ911カレラ2」(964)に乗ってきたカーマニア!
山科さん(33)の「348ts」。これまで「アルファ147GTA」や「ポルシェ911カレラ2」(964)に乗ってきたカーマニア!拡大

「456」だけはダメ!

T青年本人は、K大学理工学部大学院を卒業後、大手サプライヤーメーカーに就職したエンジニアで、まだ社会人2年目! その間に貯金した600万円をそっくり456GTにブチ込んだという! 

12気筒フェラーリなのに600万円くらいで買えるという時点で、456GTの不人気ぶりがうかがえるわけですが、とにもかくにもフェラーリの12気筒モデルだし、その評判を知っていれば、最も購入のハードルの高いおクルマで御座いましょう。それを人生初自家用車として買うなんて、あまりにもウルトラすごすぎる! 尊敬を通り越して感嘆と畏怖(いふ)!

私としては、こういう青年には絶対に不幸になってほしくない! 

幸いにして彼が購入した456は、456としては極めてコンディションがいいようで、会場までもしっかり自走して来ていたし、現状、走行には問題がないとのこと。

そこで私は彼に申しました。「V8フェラーリもいいよ」と。「今のうちに456GTを売って、348とか360とか、安くて故障の少ないフェラーリに買い換えたら?」と。

でも、彼みたいな好青年は、そんなにホイホイ乗り換えないんだろうな……。逆に、ダメならダメなほど456GTに限りない愛を注いで、泥沼に落ちてしまいそうな気がする。

いや、でもそれはいけない! 世の中に女はいくらでもいるように、フェラーリは456だけじゃない! つーか456だけはダメ! ゼッタイ! 老婆心ですが……。

とにもかくにも、こんな青年がこの世に実在するということに、涙が出る思いでした。

(文=清水草一/写真=木村博道/編集=大沢 遼)

ひろひろさん(47)の「348tb」。カスタムマフラー屋さんの経営者! ただフェラーリ購入は初めてとのこと。
ひろひろさん(47)の「348tb」。カスタムマフラー屋さんの経営者! ただフェラーリ購入は初めてとのこと。拡大
hideさん(49)の「F355GTS」。Z32型「日産フェアレディZ」や「トヨタS2000」「ホンダ・ビート」などを乗り継いだカーマニア!
hideさん(49)の「F355GTS」。Z32型「日産フェアレディZ」や「トヨタS2000」「ホンダ・ビート」などを乗り継いだカーマニア!拡大
「360モデナ」のオーナー、つかぽんさんと筆者。
「360モデナ」のオーナー、つかぽんさんと筆者。拡大
2019年の大乗フェラーリミーティングも大盛況!
2019年の大乗フェラーリミーティングも大盛況!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フェラーリ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。