第177回:フェラーリの事故今昔物語

2020.05.26 カーマニア人間国宝への道

奇妙な算定基準

前回、自動車保険を「シトロエンDS3」から「フェラーリ348GTS」に入れ替えたら、追加保険料がたったの1万3800円だった! ということを書きましたが、思えばあまりにも不思議な現象だ。車両評価額はDS3が120万円、348が800万円なのに!

そこで、保険証書をよく見直してみたところ、驚愕(きょうがく)の事実が判明しました。

車両保険には、型式ごとに料率クラスというのが御座います。その型式のクルマがどれくらいの損害率かによって、決められておりまする。昔は6段階だったのが9段階になり、2020年からはなんと17段階に細分化されました。

その車両保険の料率クラスが、DS3は12なのに対して、348は9となっておったのです!

フェラーリの車両料率クラスは、常に最高といいますか最悪といいますか、6段階の時は6、9段階なら9が定番だった。17段階なら首席の17でアタリマエだろと思ったら、それがたったの9! しかも欠陥車の誉れ高い348が! 実際に欠陥車だったのは初期型だけみたいだけど、とにかくフェラーリの中でもかなりヤバイであろう348の事故リスクが低く算定されてるってどういうこと!?

そこで私はひらめきました。「フェラーリの事故率そのものが、劇的に下がっているんじゃないか! だから348が9なんじゃないか!」と。

さっそく我が代理店に確認しましたところ、拍子抜けな答えが返ってきました。

「清水さんの348は型式不明扱いでして、型式不明は自動的に9ということになっているんです」(代理店担当者)

ガックリ……。

フェラーリ348GTS
フェラーリ348GTS拡大
シトロエンDS3
シトロエンDS3拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フェラーリ F430 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ「F430」(20) 2005.3.10 画像・写真 東京・三田のイタリア大使館行われた、フェラーリ「F430」発表イベントの会場から。
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
  • 新型「メルセデス・ベンツCクラス」登場 電動化と運転支援をさらに追求 2021.2.24 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年2月23日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツCクラス」の概要を発表した。欧州では同年3月30日に受注開始、同年夏にデリバリーが始められる見込み。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • 第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ 2020.11.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、最高出力650PSを誇る最新の「ポルシェ911ターボSカブリオレ」を駆り、首都高・辰巳PAを訪れてみた。いまやそこは、オトナの走り屋たちの社交場と化しているようだった。
ホームへ戻る