第177回:フェラーリの事故今昔物語

2020.05.26 カーマニア人間国宝への道

奇妙な算定基準

前回、自動車保険を「シトロエンDS3」から「フェラーリ348GTS」に入れ替えたら、追加保険料がたったの1万3800円だった! ということを書きましたが、思えばあまりにも不思議な現象だ。車両評価額はDS3が120万円、348が800万円なのに!

そこで、保険証書をよく見直してみたところ、驚愕(きょうがく)の事実が判明しました。

車両保険には、型式ごとに料率クラスというのが御座います。その型式のクルマがどれくらいの損害率かによって、決められておりまする。昔は6段階だったのが9段階になり、2020年からはなんと17段階に細分化されました。

その車両保険の料率クラスが、DS3は12なのに対して、348は9となっておったのです!

フェラーリの車両料率クラスは、常に最高といいますか最悪といいますか、6段階の時は6、9段階なら9が定番だった。17段階なら首席の17でアタリマエだろと思ったら、それがたったの9! しかも欠陥車の誉れ高い348が! 実際に欠陥車だったのは初期型だけみたいだけど、とにかくフェラーリの中でもかなりヤバイであろう348の事故リスクが低く算定されてるってどういうこと!?

そこで私はひらめきました。「フェラーリの事故率そのものが、劇的に下がっているんじゃないか! だから348が9なんじゃないか!」と。

さっそく我が代理店に確認しましたところ、拍子抜けな答えが返ってきました。

「清水さんの348は型式不明扱いでして、型式不明は自動的に9ということになっているんです」(代理店担当者)

ガックリ……。

フェラーリ348GTS
フェラーリ348GTS拡大
シトロエンDS3
シトロエンDS3拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フェラーリ F430 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ「F430」(20) 2005.3.10 画像・写真 東京・三田のイタリア大使館行われた、フェラーリ「F430」発表イベントの会場から。
  • 日産キックスX ツートーンインテリアエディション(FF)【試乗記】 2020.9.30 試乗記 日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を引っさげて登場した、新型SUV「キックス」。多くのライバルがひしめき合う激戦区で、勝算はあるのか? 市街地からワインディングロードまで走らせた印象をリポートする。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • 第190回:貝殻ビキニの武田久美子 2020.9.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第190回は、「ポルシェ911 GT3 RS」を試乗してみたの巻。レーシングマシン直系の高性能マシンを駆り、夜の首都高に繰り出すその気分は、まさに『湾岸ミッドナイト』のブラックバードだったのだが……。
  • 「日産エルグランド」に「AUTECH」が登場 上質でスポーティーなオーテックのカスタムカー 2020.10.12 自動車ニュース オーテックジャパンが「日産エルグランド」のカスタムカー「AUTECH」を発売。高級感とスポーティネスの融合を掲げるAUTECHシリーズの第6弾にあたり、ダーククロームのグリルやメタル調の外装パーツ、本革とキルティングで仕立てた専用シートなどを装備している。
ホームへ戻る