クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第177回:フェラーリの事故今昔物語

2020.05.26 カーマニア人間国宝への道

奇妙な算定基準

前回、自動車保険を「シトロエンDS3」から「フェラーリ348GTS」に入れ替えたら、追加保険料がたったの1万3800円だった! ということを書きましたが、思えばあまりにも不思議な現象だ。車両評価額はDS3が120万円、348が800万円なのに!

そこで、保険証書をよく見直してみたところ、驚愕(きょうがく)の事実が判明しました。

車両保険には、型式ごとに料率クラスというのが御座います。その型式のクルマがどれくらいの損害率かによって、決められておりまする。昔は6段階だったのが9段階になり、2020年からはなんと17段階に細分化されました。

その車両保険の料率クラスが、DS3は12なのに対して、348は9となっておったのです!

フェラーリの車両料率クラスは、常に最高といいますか最悪といいますか、6段階の時は6、9段階なら9が定番だった。17段階なら首席の17でアタリマエだろと思ったら、それがたったの9! しかも欠陥車の誉れ高い348が! 実際に欠陥車だったのは初期型だけみたいだけど、とにかくフェラーリの中でもかなりヤバイであろう348の事故リスクが低く算定されてるってどういうこと!?

そこで私はひらめきました。「フェラーリの事故率そのものが、劇的に下がっているんじゃないか! だから348が9なんじゃないか!」と。

さっそく我が代理店に確認しましたところ、拍子抜けな答えが返ってきました。

「清水さんの348は型式不明扱いでして、型式不明は自動的に9ということになっているんです」(代理店担当者)

ガックリ……。

フェラーリ348GTS
フェラーリ348GTS拡大
シトロエンDS3
シトロエンDS3拡大
フェラーリ F430 の中古車

フェラーリの事故率が減少?

いや、それでも、フェラーリの事故は減っている気がする。なにせ身近で話を聞かなくなっているから!

そこで私は、次なる推測にたどり着きました。

「昔のフェラーリは安全装置がほとんどゼロだったけど、今のフェラーリはとっても安全になって、それで事故が減ったのではないか!? 古いフェラーリも、オーナーの高齢化やスピードへの情熱の低下で飛ばさなくなって、それで事故が減ったのではないか!」と。後者はまんま自分のことですが。

フェラーリの事故といえば、2011年に中国道で発生した、フェラーリ8台を含む多重衝突事故が大変有名です。あれは全世界に衝撃を与えました。

あの事故は、前夜の雨が残った路面で1台のフェラーリがスピンし、そこに後続車が次々と突っ込んだという形でしたが、事故現場の映像を見ると、「F355」と「360モデナ」が多かったもよう。

F355はABSのみ、360はASR(トラクションコントロール)も付いているけど、私の経験では、全開状態ではクルマが横を向いてから効く。ミドシップフェラーリの中でも特に動きがシビアな360は、ケツの滑りが大変速く、横を向いてからトラコンが効いても間に合わない。

中古フェラーリ専門店コーナーストーンズで、多くのフェラーリの自動車保険を扱っている木村洋一氏(あんしん保険コンシェル代表)は数年前、こう語っていた。

「フェラーリの事故の大部分は、高速道路の本線料金所の先で起きています」

つまり、料金所ダッシュで横を向き、そのままガードレールに激突しているというのです! うおおおおーっ!!

でも、「F430」以降は操縦性や安全装置が大幅に改善された。いまだに自動ブレーキは付いてないけど、確実にスピンしづらくなった!

ヤンチャな飛ばし屋さんは、最新のフェラーリが好き。新しいフェラーリが安全になり、危険な(?)古いフェラーリは大事に乗られるようになって、それで事故が減ったのではないか!?

F355スパイダー
F355スパイダー拡大
「360モデナ」をサーキットで走らせると、そのシビアな動きに驚く。
「360モデナ」をサーキットで走らせると、そのシビアな動きに驚く。拡大
エビスサーキットで「360モデナ」の定常円旋回ドリフトの練習中。ASRはOFF。
エビスサーキットで「360モデナ」の定常円旋回ドリフトの練習中。ASRはOFF。拡大

フルサポートがおすすめ

そこで今度は、木村氏に確認してみました。

「確かに事故は減ってますね。以前はスピンアウト全損がけっこうありましたが、ここ最近は何年も大きな事故はありません。自宅の車庫でこすっちゃった程度です。盗難やイタズラも皆無です」

フェラーリというと、盗難やイタズラが心配という方がいまだに多いが、実はフェラーリはあまり狙われないのであります。

盗難はほぼ皆無。近年の自動車ドロは途上国への輸出目的が大部分で、だから「ランドクルーザー」や「ハイエース」が大人気なのですが、フェラーリは途上国で人気がない。盗難届が出たフェラーリは本社に車台番号が記録され照会できるようになったので、先進国での市場価値もない。「一度でいいからフェラーリに乗ってブッ飛ばしてみてぇ!」というイカしたヤングの欲求も、トンと聞かなくなりました。

イタズラも、なぜかフェラーリはあまりターゲットにされない。私の解釈では、フェラーリはあまりにもか弱くデリケートな女王風情なので、どんな非道な人間も傷つけるのをためらうのです。希望的観測ですが。

ともあれ、フェラーリの事故は減っている(たぶん)! クルマの事故全体が減ってるので、当然っちゃ当然だけど。

それでもやっぱりフェラーリを買ったら、フルサポートの車両保険に入っておきたいものです。特にローンで買った場合は、クルマを失ってローンだけが残るという悲劇を生む可能性もありますので、断然加入をおすすめします。

私はかつて限定A(盗難とイタズラのみ担保)やエコノミー(自爆事故は対象外)の片道特攻で頑張ったけど、それは決しておすすめしません。「そんなの、ウチの店では清水さんだけです」と、エノテン(コーナーストーンズ代表・榎本 修氏)にも言われましたしねぇ。

(文と写真=清水草一/編集=大沢 遼)

フェラーリの自損事故で思い出されるのが、かつてフェラーリ破滅教教祖として君臨した大宮 理(おさむ)氏。愛車の「348スパイダー」(手前)と「F355スパイダー」(奥)は、彼に酷使されまくり、共にズタボロだった。
フェラーリの自損事故で思い出されるのが、かつてフェラーリ破滅教教祖として君臨した大宮 理(おさむ)氏。愛車の「348スパイダー」(手前)と「F355スパイダー」(奥)は、彼に酷使されまくり、共にズタボロだった。拡大
大宮氏は、雨でも雪でもかまわず走行するため、愛車は生傷が絶えなかった。
大宮氏は、雨でも雪でもかまわず走行するため、愛車は生傷が絶えなかった。拡大
派手に傷ついているのは外装だけでない。走行時も駐車時も常にオープンにしているため、室内にも雨や雪が入り、内装もボロボロだった。
派手に傷ついているのは外装だけでない。走行時も駐車時も常にオープンにしているため、室内にも雨や雪が入り、内装もボロボロだった。拡大
あちこち傷ついてはいるが、この程度の傷は、どれも保険を使って修理するほどではなかった。
あちこち傷ついてはいるが、この程度の傷は、どれも保険を使って修理するほどではなかった。拡大
傷はなんとかなるものの、想像を絶する酷使により、メカも常時調子が悪く、ローダーで運ばれることも一再ではなかった。
傷はなんとかなるものの、想像を絶する酷使により、メカも常時調子が悪く、ローダーで運ばれることも一再ではなかった。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フェラーリ F430 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。