日産「モコ」福祉車両もマイナーチェンジ

2004.02.17 自動車ニュース

日産「モコ」福祉車両もマイナーチェンジ

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、軽自動車「モコ」(スズキ「MRワゴン」のOEM版)ベースの福祉車両「モコ・アンシャンテ」をマイナーチェンジし、2004年2月12日に発売した。

同日に発売された「モコ」マイナーチェンジに準じた内容。エントリーグレード「C」をベースに、「助手席スライドアップシート」と「助手席回転シート」の2タイプを用意する。
助手席スライドアップシートは、助手席が電動で回転、昇降し、車外までスライドする仕様。車いすからの乗り降りの負担を軽減するという。一方の助手席回転シートは、室内で助手席のシートが前後にスライドするだけでなく、簡単な操作で90度回転する仕組み。乗降を助ける助手席アシストグリップも備わる。
価格は、助手席スライドアップシートのFFが137.3万円、4WDは148.5万円。助手席回転シートはFFが111.0万円、4WDは122.2万円。

(webCG カワデ)

オーテックジャパン:
http://www.autech.co.jp/

 
日産「モコ」福祉車両もマイナーチェンジの画像

【写真上】「助手席スライドアップシート」
【写真下】「助手席回転シート」
 

	【写真上】「助手席スライドアップシート」
	【写真下】「助手席回転シート」
	 

関連キーワード:
モコ, 日産, 自動車ニュース

日産 モコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る