スズキ「エリオ」と「エリオセダン」をマイナーチェンジ

2003.11.10 自動車ニュース

スズキ「エリオ」と「エリオセダン」をマイナーチェンジ

スズキは、コンパクトハッチ「エリオ」と、セダンの「エリオセダン」にマイナーチェンジを施し、2003年11月7日に販売を開始した。マイナーチェンジの眼目は、内外装の変更による質感向上など。

エクステリアは、1.5リッターモデルに、新デザインの前後バンパーと、「S」マークの入ったフロントグリルを採用。スズキは、「S」をモチーフにした新しいロゴマークでブランドイメージの訴求を図っており、ブランド戦略を反映したフロントマスクになった。ほかに、ホイールデザインが変更された。
インテリアは、インパネやセンターコンソール、操作系レバー類のデザインを一新。シート表皮も新しくなった。時刻と外気温を表示する「インフォメーションディスプレイ」が、全車標準装備となったこともニュースだ。

グレード体系が整理され、エリオ、エリオセダンとも、排気量と駆動方式によるモノグレードになった。価格は、1.5リッターモデルが、従来比約10.0万円高となる。詳細は以下の通り。

●エリオ(4AT)
1.5リッターFF/4WD:139.8万円/157.8万円
1.8リッターFF/4WD:144.8万円/163.8万円

●エリオセダン(4AT)
1.5リッターFF/4WD:137.1万円/155.1万円
1.8リッターFF/4WD:142.1万円/161.1万円

(webCGオオサワ)

スズキ:http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ「エリオ」と「エリオセダン」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
エリオ, エリオセダン, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • 第571回:スイッチの押し心地も“新世代”に!?
    「マツダ3」に込められたマニアックすぎるこだわり
    2019.5.25 エディターから一言 いよいよ国内販売が始まった「マツダ3」。マツダの将来を占う新世代商品群のファーストモデルに込められた数々のこだわりポイントを、開発陣直々のレクチャーで学んだ。
  • 第81回:愚の骨頂 2018.3.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第81回は「愚の骨頂」。「スイフトスポーツ」を国民車に! と意気込む筆者だったが、そこには大きな壁が。MTが約7割を占めるカーマニア向けモデルが国民車の地位を獲得することは、可能なのか!?  
ホームへ戻る