【東京モーターショー2003プレビュー】クライスラー/ジープ

2003.10.18 自動車ニュース

【東京モーターショー2003プレビュー】クライスラー/ジープ

クライスラーブースには、大型ツーリングワゴン「300Cツーリング」が、コンセプトカーとして展示される。

これは2003年のニューヨークショーに出展された「300C」のワゴンバージョン。クラシカルなデザインのボディは、全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm、ホイールベースは3048mmという堂々とした体躯。5.7リッターV8エンジンを搭載、セダンバージョンと違い、こちらは4輪駆動となる。2004年に発売予定のセダン同様、こちらも市販化されるだろう。

さらに、発売されたばかりの「クロスファイア」も、市販車として会場に並ぶ。グループ内の「メルセデスベンツSLK」とシャシーコンポーネンツを共用し、アメリカンデザインをかぶせたコンパクトスポーツクーペだ。
あわせてミニバンの元祖「グランドボイジャー」と、現行クライスラーデザインの火付け役「PTクルーザー」も展示。
ジープブランドからは、ワールドプレミアとなる「ジープコンセプトカー」が発表される。その他、2004年モデルの「チェロキーレネゲード」「ラングラースポーツ」も参考出品。

 
【東京モーターショー2003プレビュー】クライスラー/ジープの画像

【写真上下】「300Cツーリング」
 

	【写真上下】「300Cツーリング」
	 

「クロスファイア」
 

	「クロスファイア」
	 

関連キーワード:
300Cツーリング, クライスラー, ジープ, 東京モーターショー2003, イベント, 自動車ニュース

クライスラー 300Cツーリング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー300C ツーリング 5.7HEMI(FR/5AT)【試乗記】 2006.9.5 試乗記 クライスラー300C ツーリング 5.7HEMI(FR/5AT)
    ……646万8000円

    2006年7月8日、クライスラーのフラッグシップ300Cにステーションワゴン版が登場!ミニバンが人気の日本市場で、アメリカンワゴンはどう受け入れられるのだろうか。その魅力とは。


  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • GMが新型「コルベット」のオープンモデルを発表 レースカーの「C8.R」も同時に公開 2019.10.8 自動車ニュース GMが新型「シボレー・コルベット スティングレイ コンバーチブル」を発表。コルベット史上初となる電動ハードトップを採用している。同時にお披露目された「コルベットC8.R」はGTLMクラスに投入されるレースカーで、2020年1月の実戦デビューを予定している。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • 期待しているけど不安もある?
    webCG随一のアメ車オタク 新型「コルベット」を語る
    2019.9.16 デイリーコラム 2019年7月の初公開以来、いまだに話題沸騰中の“C8”こと新型「シボレー・コルベット」。従来モデルからの激変ぶりに賛否両論を巻き起こしているC8だが、コルベットにとって本当に大事なこととは何なのか? webCG随一のアメ車好きが、愛と偏見と思い込みで語り倒す。
ホームへ戻る