プジョー「406クーペ」をマイナーチェンジ

2003.09.01 自動車ニュース

プジョー「406クーペ」をマイナーチェンジ

プジョージャポンは、ピニンファリーナデザインの流麗なボディをもつミディアムクーペ「406クーペ」をマイナーチェンジ。内外装と装備を一部変更し、2003年8月30日から販売を開始した。

変更が行われたのは、内外装と一部の装備のみ。機関面の変更はない。

エクステリアは、フロントバンパーを大型エアインテークを持つデザインに変更。フォグランプ形状を新しくした。さらに、16インチアロイホイールが5本スポークタイプの新デザインになったほか、盗難防止ホイールボルトを標準採用した。ボディ色には、新色「テンペスト」(内装コバルトブルーレザー、受注生産色)を追加したことも新しい。
インテリアは、ダッシュボードとステアリングを、シートカラーと同色のツートーンカラーに変更。センターパネルは光沢アルミ仕上げとなり、スポーティ感を高めたという。
装備面では、トランクルームにラゲッジネットが標準装備されたほか、エアコンに「活性炭入り花粉フィルター」を装着し、快適性の向上を図った。

価格は従来の5.0万円高い、右/左ハンドル(4AT)ともに465.0万円。

(webCG 本諏訪)

プジョージャポン:
http://www.peugeot.co.jp/

 
プジョー「406クーペ」をマイナーチェンジの画像


 
プジョー「406クーペ」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
406セダン, プジョー, 自動車ニュース

プジョー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る