シボレー「アストロ・スペシャルモデル」、30台限定発売

2003.04.23 自動車ニュース

シボレー「アストロ・スペシャルモデル」、30台限定発売

日本ゼネラルモーターズは、シボレーのミニバン「アストロ」に、日本未導入の装備などを付与したスペシャルモデルを、2003年4月22日に発表した。同年5月10日から、30台限定で販売される。

シボレー「アストロ」は、1985年にデビューした8人乗りミニバン。今回設定されたのは、4.3リッターV6 OHVエンジンを搭載する「アストロLS」のFF車をベースに、サミットホワイト/ライトビューメタリックの専用2トーンボディカラーと、日本未導入のランニングボード(サイドステップ)を装着したモデルである。価格は、ベース車より9.0万円高い323.0万円。4段AT左ハンドル仕様のみの設定。

(webCG 本諏訪)

「シボレー」:
http://www.chevrolet.co.jp/

 
シボレー「アストロ・スペシャルモデル」、30台限定発売の画像

関連キーワード:
アストロ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー アストロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・アストロ LS 4WD(4AT)【ブリーフテスト】 2001.8.4 試乗記 ……346.0万円
    総合評価……★★★★




  • ヤナセ「アストロ」にキャンプ仕様など追加 1999.4.6 自動車ニュース ヤナセは「シボレーアストロ」にフルフラットシート仕様と、これを基にしたキャンピング仕様を追加した。382.0万円と398.0万円。今回ヤナセが「シボレーアストロ」シリーズに導入するのは「アストロLT 4WD フルフラットパッケージ」と、「アストロLT 4WDフォレシエスタ」の2車種。5月8日より販売を開始する。「アストロLT 4WD フルフラットパッケージ」は「アストロLT 4WD」のセカンド、サードシートを倒してフルフラットにできるようにしたモデル。価格はベース車より19万円高い382.0万円だ。ヤナセでは販売目標台数を年間150台としている。「アストロLT 4WD フォレシエスタ」は、上の「フルフラットパッケージ」をベースに、簡易ベッド、コンロ、シンク、ウッドキャビネットなどを取り付けたキャンピング仕様車だ。それゆえ、いわゆる「800ナンバー」登録となる。価格はベース車16万円高の398.0万円。販売目標台数は350台とのことだ。なお、どちらの仕様も「アイボリーホワイト」ほか5色のボディカラーが選択でき、本革シートも16万円のオプションで設定できる。キャンピング仕様のほうが200台も販売目標台数が多いというあたりに、いわゆる時代の「気分」を感じる。買う人全員がキャンプに行きたくて買うのではなくて、「800ナンバー」で維持費が安いし、その上キャンピングカーにもなって得だから……という気持ちの人も少なからずいるのだろう。(Web CG スヤマ)
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • 【Movie】輸入車一気乗り! JAIA試乗会(シボレートレイルブレイザー編) 2003.3.11 自動車ニュース 2003年2月4から6日、神奈川県大磯にて、日本に正規輸入されるクルマのほとんどが集まる毎年恒例の大試乗会、JAIA(日本自動車輸入組合)主催の試乗会が開催された。
ホームへ戻る