スズキ「ワゴンR」「MRワゴン」「アルトラパン」に特別仕様車

2003.01.21 自動車ニュース

スズキ「ワゴンR」「MRワゴン」「アルトラパン」に特別仕様車

スズキは、同社の軽自動車販売台数30年連続1位を記念し、軽自動車「ワゴンR」「MRワゴン」「アルトラパン」に特別仕様車「バージョンV」を設定、2003年1月14日に発売した。

「バージョンV」は「ワゴンR RR」「MRワゴン・スポーツ」「アルトラパン・ターボ」をベースに、専用スマートキーレスエントリーシステム(携帯した状態で車体に近づくと自動でドアを解錠、離れると施錠)などを特別装備したもの。ボディ色に白、黒、シルバーの3色を用意し、内装はグレー・シルバー調で統一した。それぞれの特別装備と価格は以下の通り。

●ワゴンR RRバージョンV
・ディスチャージヘッドランプ
・専用フロントグリル
・グレー調専用シート表皮・ドアトリム表皮
・本革巻きステアリングホイール
・スマートキーレスエントリーシステム
価格:130.0万円(2WD)/141.7万円(4WD)

●MRワゴン・スポーツ・バージョンV
・ディスチャージヘッドランプ
・専用フロントグリル
・専用アルミホイール
・グレー調専用シート表皮・ドアトリム表皮
・フロントベンチシート
・スマートキーレスエントリーシステム
価格:134.0万円(2WD)/145.2万円(4WD)

●アルトラパン・ターボ・バージョンV
・アンダースポイラー(フロント・サイド・リア)、ルーフエンドスポイラー、マフラーテールカバー
・電動リモコンドアミラー
・専用アルミホイール
・専用フロントグリル
・グレー調専用シート表皮・ドアトリム表皮
・本革巻きステアリングホイール
・スマートキーレスエントリーシステム
価格:118.0万円(2WD)/130.2万円(4WD)

(webCG 永瀧)

スズキ「ワゴンR RR」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/wagonr_rr/
同「MRワゴン・スポーツ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mrwagon_sports/
同「アルトラパン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/lapin/
同「バージョンV」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/version_v/

 
スズキ「ワゴンR」「MRワゴン」「アルトラパン」に特別仕様車の画像

【写真上】「ワゴンR RRバージョンV」
【写真下】「MRワゴン・スポーツ・バージョンV」
 

	【写真上】「ワゴンR RRバージョンV」
	【写真下】「MRワゴン・スポーツ・バージョンV」
	 

「アルトラパン・ターボ・バージョンV」
 

	「アルトラパン・ターボ・バージョンV」
	 

関連キーワード:
ワゴンR, ラパン, MRワゴン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ワゴンR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 誕生25周年を祝う特別な「スズキ・ワゴンR」登場
    2018.8.31 自動車ニュース スズキが軽乗用車「ワゴンR」に、デビュー25周年を記念した特別仕様車を設定。ベースとなるモデルは「ハイブリッドFX」「ハイブリッドFZ」「スティングレー ハイブリッドX」の3種類で、いずれも専用コーディネートの内外装や充実した装備が魅力となっている。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
ホームへ戻る