スズキ「ワゴンR」「MRワゴン」「アルトラパン」に特別仕様車

2003.01.21 自動車ニュース

スズキ「ワゴンR」「MRワゴン」「アルトラパン」に特別仕様車

スズキは、同社の軽自動車販売台数30年連続1位を記念し、軽自動車「ワゴンR」「MRワゴン」「アルトラパン」に特別仕様車「バージョンV」を設定、2003年1月14日に発売した。

「バージョンV」は「ワゴンR RR」「MRワゴン・スポーツ」「アルトラパン・ターボ」をベースに、専用スマートキーレスエントリーシステム(携帯した状態で車体に近づくと自動でドアを解錠、離れると施錠)などを特別装備したもの。ボディ色に白、黒、シルバーの3色を用意し、内装はグレー・シルバー調で統一した。それぞれの特別装備と価格は以下の通り。

●ワゴンR RRバージョンV
・ディスチャージヘッドランプ
・専用フロントグリル
・グレー調専用シート表皮・ドアトリム表皮
・本革巻きステアリングホイール
・スマートキーレスエントリーシステム
価格:130.0万円(2WD)/141.7万円(4WD)

●MRワゴン・スポーツ・バージョンV
・ディスチャージヘッドランプ
・専用フロントグリル
・専用アルミホイール
・グレー調専用シート表皮・ドアトリム表皮
・フロントベンチシート
・スマートキーレスエントリーシステム
価格:134.0万円(2WD)/145.2万円(4WD)

●アルトラパン・ターボ・バージョンV
・アンダースポイラー(フロント・サイド・リア)、ルーフエンドスポイラー、マフラーテールカバー
・電動リモコンドアミラー
・専用アルミホイール
・専用フロントグリル
・グレー調専用シート表皮・ドアトリム表皮
・本革巻きステアリングホイール
・スマートキーレスエントリーシステム
価格:118.0万円(2WD)/130.2万円(4WD)

(webCG 永瀧)

スズキ「ワゴンR RR」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/wagonr_rr/
同「MRワゴン・スポーツ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mrwagon_sports/
同「アルトラパン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/lapin/
同「バージョンV」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/version_v/

 
スズキ「ワゴンR」「MRワゴン」「アルトラパン」に特別仕様車の画像

【写真上】「ワゴンR RRバージョンV」
【写真下】「MRワゴン・スポーツ・バージョンV」
 

	【写真上】「ワゴンR RRバージョンV」
	【写真下】「MRワゴン・スポーツ・バージョンV」
	 

「アルトラパン・ターボ・バージョンV」
 

	「アルトラパン・ターボ・バージョンV」
	 

関連キーワード:
ワゴンR, ラパン, MRワゴン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ワゴンR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る