クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スズキ ワゴンR 試乗記・新型情報

1993年に初代が発売され、現在はスズキを代表する軽自動車へと成長したハイトワゴン。初代がデビューした当時の軽自動車はセダン系が主流で、背が高い車種は「エブリイ」など商用ワンボックスをベースとしたモデルしか存在しなかった。しかし「ワゴンR」は完全乗用車設計ながら天井を高くし、着座位置も上げたことで広い居住スペースや良好な視界による運転のしやすさ、乗り降りのしやすさなどを実現。そのメリットは瞬く間に広まって販売は「アルト」を追い越し、スズキの軽自動車の代名詞ともいえる存在となった。そのため衝突被害軽減ブレーキや「エネチャージ」と呼ぶエネルギー回生システムなど、先進技術はワゴンRがスズキ初搭載となることが多い。

スズキ ワゴンR 試乗記 スズキ ワゴンR ニュース スズキ ワゴンR 画像・写真
スズキ ワゴンRの記事を読んだユーザがよく見る車種の新型情報
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com