クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スズキ ワゴンR 試乗記・新型情報

1993年に初代が発売され、現在はスズキを代表する軽自動車へと成長したハイトワゴン。初代がデビューした当時の軽自動車はセダン系が主流で、背が高い車種は「エブリイ」など商用ワンボックスをベースとしたモデルしか存在しなかった。しかし「ワゴンR」は完全乗用車設計ながら天井を高くし、着座位置も上げたことで広い居住スペースや良好な視界による運転のしやすさ、乗り降りのしやすさなどを実現。そのメリットは瞬く間に広まって販売は「アルト」を追い越し、スズキの軽自動車の代名詞ともいえる存在となった。そのため衝突被害軽減ブレーキや「エネチャージ」と呼ぶエネルギー回生システムなど、先進技術はワゴンRがスズキ初搭載となることが多い。

スズキ ワゴンR 試乗記 スズキ ワゴンR ニュース スズキ ワゴンR 画像・写真
  • 2022.12.14 試乗記 渡辺 敏史

    スズキ・ワゴンRカスタムZハイブリッドZX(FF/CVT)【試乗記】

    軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」に新グレード「カスタムZ」が追加された。「え、ワゴンRにカスタムってなかったの?」という印象だが、ともあれ現行型デビューから5年目で加わった新顔である。自然吸気エンジン搭載の「ハイブリッドZX」を試す。

  • 2022.8.2 自動車ニュース webCG 編集部

    スズキが軽ハイトワゴン「ワゴンR」シリーズを仕様変更 新モデルの「カスタムZ」を設定

    スズキが軽ハイトワゴン「ワゴンR」の仕様を一部変更。予防安全・運転支援システムの設定を拡充するとともに、新たにディスプレイオーディオをオプションで採用した。また、精悍さを追求したというデザインが特徴の新モデル「カスタムZ」を追加している。

  • 2022.1.26 自動車ニュース webCG 編集部

    スズキが中古車のサブスクリプションサービス「スズキ定額マイカー」を開始

    スズキは2022年1月26日、月額2万9000円からの定額で利用できる中古車のサブスクリプションサービス「スズキ定額マイカー」を開始した。契約期間は6カ月で、申し込みから登録までの手続きを非対面形式で完結できる。

  • 2021.11.22 自動車ニュース webCG 編集部

    「スズキ・ワゴンR」が6年10カ月ぶりに軽の販売台数首位獲得 担当者に話を聞いた

    スズキの「ワゴンR」が2021年10月の軽自動車の車名別販売台数で1位になった。ワゴンRにとってもスズキにとっても首位獲得は6年10カ月ぶりのことだ。スズキの広報部に喜びの声を聞いてみた。

  • 2021.8.25 デイリーコラム

    新型発売でもお構いなし! 値下がり知らずの最強中古車

    新型が登場すると旧型の中古車価格は下落するのが一般的だが、世の中にはその傾向が当てはまらない例外が存在する。そうした車種を紹介するとともに、不思議な相場が生み出されるメカニズムを考察する。

  • 2021.5.26 デイリーコラム 沼田 亨

    その価値は“良品廉価”のみならず! スズキの軽四輪販売2500万台到達への歩み

    スズキは2021年4月末の時点で軽四輪車の国内累計販売台数2500万台を達成した。「良品廉価」に徹しただけではなく、時にアグレッシブな商品を投入し、攻めの姿勢によって実現した偉業である。その輝かしい歴史を彩る車両を紹介する。

  • 2021.3.8 デイリーコラム 沼田 亨

    偉人の素顔は気さくで誠実 日本を代表する“自動車人”鈴木 修 会長の功績と人となり

    40年にわたりスズキの経営を主導し、世界企業に成長させた鈴木 修 会長。ついに退任を表明した自動車界の偉人は、どのような功績を残してきたのか。気さくで誠実な人となりを示すエピソードとともに、その足跡を振り返る。

  • 2019.12.25 自動車ニュース webCG 編集部

    「スズキ・ワゴンR」の安全装備が充実 新開発エンジン搭載車も登場

    スズキが、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の一部仕様を変更。衝突を回避する安全装備を充実させた。自然吸気モデルには新型「ハスラー」にも採用されている新開発エンジンを搭載し、2020年1月20日に発売する。

  • 2019.1.23 自動車ニュース webCG 編集部

    スズキ、インドで小型車の新型「ワゴンR」を発売

    スズキのインド子会社であるマルチ・スズキが、Aセグメントコンパクトの新型「ワゴンR」を発売。インドのワゴンRとして初めてAセグメント車専用のボディーが採用されたほか、パワープラントには1リッターと1.2リッターのガソリンエンジンが設定されている。

  • 2018.9.25 エッセイ 清水 草一

    第104回:国民車議論ふたたび

    清水草一の話題の連載。第104回は「国民車議論ふたたび」。「スイフトスポーツを国民車に!」と声高に唱えていた筆者、しかしそれはかなわぬ夢なのか!? 兄弟車が幅をきかせる国内市場で、人気のクルマに共通する、ある特徴とは?

  • 2018.9.17 デイリーコラム 渡辺 陽一郎

    おめでとう25周年!
    「スズキ・ワゴンR」の栄光の軌跡

    1993年9月3日の発売から25周年を迎えた「スズキ・ワゴンR」。現在までトレンドが続いている背高系軽自動車のパイオニアは、どんなところが画期的だったのか。自動車ライター渡辺陽一郎が解説する。

  • 2018.8.31 自動車ニュース webCG 編集部

    誕生25周年を祝う特別な「スズキ・ワゴンR」登場

    スズキが軽乗用車「ワゴンR」に、デビュー25周年を記念した特別仕様車を設定。ベースとなるモデルは「ハイブリッドFX」「ハイブリッドFZ」「スティングレー ハイブリッドX」の3種類で、いずれも専用コーディネートの内外装や充実した装備が魅力となっている。

  • 2017.8.23 自動車ニュース webCG 編集部

    スズキが「ワゴンR」に5段MT仕様車を追加

    スズキは2017年8月23日、軽乗用車「ワゴンR」の「FA」グレードに5段MT仕様を追加設定し、販売を開始した。価格はFF車が107万8920円、4WD車が119万9880円。

  • 2017.3.25 試乗記 鶴原 吉郎

    スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】

    軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。

  • 2017.2.24 試乗記 鈴木 真人

    スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】

    「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。

  • 2017.2.1 画像・写真 webCG 編集部

    スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー

    軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。

  • 2017.2.1 自動車ニュース webCG 編集部

    新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場

    スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。

  • 2015.12.22 自動車ニュース webCG 編集部

    スズキ・ワゴンRに燃費自慢の特別仕様車

    スズキは2015年12月21日、軽乗用車「ワゴンR」の特別仕様車「FXリミテッド」を発売した。

  • 2015.9.18 実力チェック! 人気の軽とコンパクト 鈴木 真人

    後編:燃費自慢の“走り”を検証! ~エコな軽とコンパクト、その実像に迫る

    先進的な環境技術が続々と開発され、クルマの燃費性能は日々進化。日本の軽自動車やコンパクトカーには、30km/リッターを超える燃費性能を有するものも少なくない。では、そうしたモデルの走りや乗り心地は、どうなのだろうか? 今回は“燃費自慢”の3台に試乗し、クルマとしての基本性能を確かめた。

  • 2015.8.18 自動車ニュース webCG 編集部

    スズキ・ワゴンRの燃費が最高33.0km/リッターに

    軽乗用車「スズキ・ワゴンR」が仕様変更。燃費が最高33.0km/リッターに向上した。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。