マツダ「ミレーニア」、2グレードに集約

2002.10.11 自動車ニュース

マツダ「ミレーニア」、2グレードに集約

マツダは、フラッグシップ「ミレーニア」を改良し、2002年10月9日に発売した。

1993年、「ユーノス800」の名でデビューした「ミレーニア」。2000年に生産終了を迎えた「センティア」なき後、マツダの頂点にたつモデルとして君臨してきたが、販売面では苦戦を強いられている。

今回、2リッターV6エンジンが消え、2.5リッターV6搭載モデルに集約された。またグレードもトリムレベルで2車種のみとした。一方で、装備を充実させ、高級車としての性格を際立たせる工夫がこらされた。

ベーシックな「25M」(273.0万円)には、「BOSEサウンドシステム」と、急カーブや滑りやすい路面での安定走行に役立つとされる「トラクションコントロールシステム」を標準装備。上級「25Mラグジュアリーパッケージ」(319.0万円)には、「DVDナビゲーションシステム」と「撥水フロントガラス」を標準で装備するとともに、ボディ色に「シルバーコントレイルメタリック」と「スノーフレイクホワイトパールマイカ/スパークリングシルバーメタリック(ツートーン)」の2タイプを新採用した。

平成12年基準排出ガス25%低減レベル「良-低排出ガス」認定を取得したことも新しい。

(webCG 有吉)

マツダ「ミレーニア」:
http://www.millenia.mazda.co.jp/

 
マツダ「ミレーニア」、2グレードに集約の画像

関連キーワード:
ミレーニア, マツダ, 自動車ニュース

マツダ ミレーニア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
ホームへ戻る