「BMW 3シリーズ」に新たな兄弟が登場【ジュネーブショー2013】

2013.03.08 自動車ニュース

【ジュネーブショー2013】「BMW 3シリーズ」に新たな兄弟「グランツーリスモ」が登場

2013年3月5日に開幕した、ジュネーブモーターショー。BMWは基幹モデル「3シリーズ」の派生モデルを出展した。

BMWのワールドプレミアは「3シリーズグランツーリスモ」。「5シリーズ」のグランツーリスモと同様のデザインテイストの5ドアファストバックで、セダン、ワゴンに続く、現行「3シリーズ」としては第3のボディーバリエーションとなる。
歴代「3シリーズ」はセダン、ワゴンの次にクーペ、カブリオレがモデルチェンジするのがパターンだったが、先にグランツーリスモが登場したのは少々意外な展開だ。

全長4824mm、全幅1828mm、全高1508mm。ホイールベースは2920mmで、全長はワゴンの「3シリーズツーリング」よりも200mm長く、全高が81mm高い。高速走行時にリフトを抑えるため、アクティブリアスポイラーが備わる。

展示されていたのは、現行モデルの日本仕様には設定されていない「335i」。3リッター直6直噴ターボエンジン(最高出力306ps、最大トルク40.8kgm)が搭載されていた。

(文と写真=塩見 智)

「BMW335iグランツーリスモ」
「BMW335iグランツーリスモ」 拡大
 
「BMW 3シリーズ」に新たな兄弟が登場【ジュネーブショー2013】の画像 拡大

関連キーワード:
3シリーズ グランツーリスモ, BMW, ジュネーブモーターショー2013, イベント, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 225xeアクティブツアラー ラグジュアリー(4WD/6AT)【試乗記】 2016.6.6 試乗記 日本での販売も好調な「BMW 2シリーズ」の“FFモデル群”に、新しい選択肢「225xeアクティブツアラー」が加わった。単なるハイブリッドではない、驚きの四駆のPHVである。日本市場を取り巻く環境とその実力を検証してみた。
  • BMW 218dアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 「BMW 218dアクティブツアラー」に2リッターディーゼルターボ搭載車が加わった。新世代クリーンディーゼルエンジンを得て、アクティブツアラーはどんな魅力を手に入れたのだろうか。
  • BMW 218dグランツアラー Mスポーツ(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.21 試乗記 “7人で乗れるBMW”「2シリーズ グランツアラー」の、ディーゼルモデルに試乗。ミニバンとしての実用性は、どれほどのものなのか? 走りの質感とあわせてリポートする。
  • 新デザインの「BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」発売 2018.6.28 自動車ニュース BMWジャパンは2018年6月28日、一部仕様を変更した「2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」を発表。同日、販売を開始した。今回はグリルやバンパーの形状が変更され、ガソリンエンジン車には新たに7段ATが採用されている。
  • 第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) 2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。
ホームへ戻る