第34回:BMW 3シリーズ(後編)

2019.05.22 カーデザイナー明照寺彰の直言
BMW 3シリーズ
BMW 3シリーズ拡大

従来のモデルを大事にし、より洗練させていくのがBMWデザインの真骨頂……のはずが、新型「3シリーズ」はどうもそうはなっていない様子。自動車デザイナー明照寺彰が、次世代の大黒柱の“気になるポイント”を語るとともに、BMWデザインのゆらぎの原因を探った。

先代との大きな違いとなっている、フロントまわりのデザイン。ヘッドランプ、キドニーグリルともに大型化している。
先代との大きな違いとなっている、フロントまわりのデザイン。ヘッドランプ、キドニーグリルともに大型化している。拡大
「F30」型こと先代「3シリーズ」のフロントまわりのサイドビュー。フロントにいくにつれて低められたボンネット形状と、フロントまわりの厚み、グリルの意匠などに注目。
「F30」型こと先代「3シリーズ」のフロントまわりのサイドビュー。フロントにいくにつれて低められたボンネット形状と、フロントまわりの厚み、グリルの意匠などに注目。拡大
現行の「G20」型のサイドビュー。写真の角度がビミョーに違うので厳密な比較はできないが、新型はフロントまわりの厚みが増し、またキドニーグリルがフロントマスクの上端まで及んでいる。
現行の「G20」型のサイドビュー。写真の角度がビミョーに違うので厳密な比較はできないが、新型はフロントまわりの厚みが増し、またキドニーグリルがフロントマスクの上端まで及んでいる。拡大
先代「5シリーズ」(左上)と新型「5シリーズ」(右下)。
先代「5シリーズ」(左上)と新型「5シリーズ」(右下)。拡大

厚みを増したフロントマスクに思う

明照寺彰(以下、明照寺):新しい3シリーズに話を戻しますけど、プロポーションは典型的なFRセダンで、すごくスポーティーですよね。それに対して、ディテールは少し煩雑かな、と思います。

ほった:……ここまではいい感じだったのに(前編参照)、今回も、ここにきて雲行きが怪しくなってきましたね。

永福:いやいや、そうですよね! キドニーグリルのフチのメッキが太くなってる点なんか、ちょっと大味じゃないですか?

明照寺:そこなんですけど、実は今回の型は“顔”が厚くなってるんですよ。前の型より。前の型って、とても低い姿勢で構えてるイメージですけど、新型は高級車的な堂々とした厚みのある顔つきになった。それはある意味、3シリーズもフツーになったということです。普通の高級セダン的になった。

ほった:デリカD:5」が「トヨタ・アルファード」のセンを狙って、顔をオラオラにしたようなもんでしょうか。

明照寺:たぶん市場の要望なんでしょうけど、従来のBMW 3シリーズのイメージから離れて、顔を大きくした感じですね。「5シリーズ」も同様です。3も5も、どうも顔のイメージが違うなぁと思って見ていたんですが、側面から見ると、明らかに顔が厚くなってるんですね。

永福:いわゆる厚顔。

明照寺:これは、単純にデザイン的なものなのか、それとも歩行者保護や衝突安全がらみのものなのかは定かではないですけど、中国や北米などで、より顔を強く見せたいという市場の要望があるんじゃないかな。

永福:デザインに関しては、中国市場の要望を犯人にしておけば「仕方ない」で済まさざるを得ないのが実情ですよね~(笑)。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • BMW M550i xDrive/523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+【試乗記】 2020.11.30 試乗記 「BMW 5シリーズ」のマイナーチェンジモデルが日本に上陸。4.4リッターV8ツインターボの「セダン」と2リッター直4ディーゼルターボの「ツーリング」をワインディングロードに連れ出し、走行性能と最新のデジタル装備の仕上がりを試した。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
ホームへ戻る