メルセデス「Bクラス」に211psの高性能モデル

2013.02.27 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツBクラス」に2リッターターボの高性能モデル登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年2月26日、コンパクトカー「Bクラス」に高性能グレードの「B250ブルーエフィシェンシー」を追加し、販売を開始した。

「メルセデス・ベンツBクラス」は、全長4365mmのボディーに最大1545リッターのラゲッジ容量を備えたスペース系コンパクトモデルで、これまで日本仕様には1.6リッターターボ車のみが設定されていた。

今回追加された「B250ブルーエフィシェンシー」は、2リッター直噴ターボエンジンを搭載する高性能グレードである。最高出力は211ps/5500rpm、最大トルクは35.7kgm/1200-4000rpmを発生。トランスミッションには「7G-DCT」と呼ばれるデュアルクラッチ式7段セミATを採用する。また「BlueDIRECTテクノロジー」と呼ばれる最新の直噴システムや、ECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)が備わるなど、燃費にも配慮したモデルとなっている。

内外装も専用の仕立てとなっており、エクステリアには18インチのAMGマルチスポークアルミホイールやフロントグリル、ドアミラーなど、随所にアクセントカラーとしてブラックを採用。一方インテリアには、クロムインサート付きの本革巻きスポーツステアリングホイールや、ステンレスのフットペダルなどを装備する。インストゥルメントパネルはブラックアッシュウッドとなる。

また、左右の席で個別に温度や風量の調整が可能なオートエアコンや、カップホルダー付きの後席アームレストが追加されるなど、装備も充実。縦列駐車時にステアリング操作を自動で行う「アクティブパーキングアシスト」や、リアシートのリクライニング&スライド調整機構、前席のアンダーシートボックスなども標準で備わる。

安全に関する機能についても、レーダー型衝突警告システム「CPA」や「インテリジェントライトシステム」「パークトロニック」などを標準装備。オプションで「ブラインドスポットアシスト」などの安全運転支援システムを組み合わせた「セーフティパッケージ」も用意されている。

ハンドル位置は右のみの設定で、価格は435万円。

(webCG)

「B250ブルーエフィシェンシー」
「B250ブルーエフィシェンシー」 拡大

メルセデス「Bクラス」に211psの高性能モデルの画像 拡大

関連キーワード:
Bクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Bクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る