日本に来るか? ルノー・ルーテシアのワゴン

2013.01.30 自動車ニュース

仏ルノー「クリオ エステート」の受注を開始

仏ルノーは2013年1月28日、本国でコンパクトカー「クリオ(日本名:ルーテシア)」のワゴンモデル「クリオ エステート」の受注を開始した。

ベースとなったのは、2012年7月に発表された4代目「ルノー・クリオ」(日本未導入)。そのワゴンモデルである「クリオ エステート」は同年9月に開催されたパリモーターショーで公開された。本国での発売は2013年3月14日を予定している。

荷室の容量は、後席を起こした状態で443リッターを確保。後席を倒せば最大1380リッターまで拡大することが可能で、さらに助手席のシートバックを倒せば荷室長は2.48mとなる。

エクステリアデザインについては、「シューティングブレイクスタイルのボディーに、最新のルノーのデザインアイデンティティーを取り入れたもの」とうたわれる。エンジンはガソリン、ディーゼル合わせ全5種類の設定となっており、2013年の上半期中には、「EDC」と呼ばれるデュアルクラッチ式の6段セミATも用意される予定だ。

(webCG)

「ルノー・クリオ エステート」
「ルノー・クリオ エステート」 拡大

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る