新型「ゴルフ」に4WDモデルが登場

2013.01.30 自動車ニュース

新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に4WDモデルが登場

独フォルクスワーゲンは2013年1月28日、7代目となる新型「ゴルフ」の4WDモデル「4MOTION」を発表した。

今回、新型「ゴルフ」に採用された4WDシステムは、駆動力配分機構に第5世代ハルデックスカップリングを用いたもので、従来のシステムより重量を1.4kg軽減した。十分な走破性を確保するため、電子制御式ディファレンシャルロックも備えている。

欧州仕様では「トレンドライン」「コンフォートライン」「ハイライン」の3グレードに設定され、エンジンには1.6リッター(105ps)か2リッター(150ps)の2種類のディーゼルターボが用意される。

アイドリングストップ機構を備えるなど、燃費性能も重視しており、1.6リッター車は4.5リッター、2リッター車は4.7リッターの軽油で100kmの距離を走ることができる。これは、従来モデルのディーゼル4WD車(140ps仕様)と比較した場合、最高出力を10ps向上させつつ、燃費性能も約15%改善した計算となる。(燃費の数値はいずれも欧州複合燃費)

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ゴルフ 4MOTION」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ 4MOTION」 拡大
 
新型「ゴルフ」に4WDモデルが登場の画像 拡大

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.14 試乗記 Cセグメントハッチバックの世界的ベンチマーク「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいよいよフルモデルチェンジ。劇的なまでのデジタル化に込められたフォルクスワーゲンの狙いとは? 8代目となる新型の出来栄えを、ポルトガルよりリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • トヨタC-HR S-T“GRスポーツ”(FF/6MT)【試乗記】 2020.1.30 試乗記 トヨタのクロスオーバーモデル「C-HR」に、GAZOO Racingが開発を手がけた新グレード“GRスポーツ”が登場。専用のエアロパーツと足まわりでチューンされた、スポーツバージョンの走りやいかに?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
ホームへ戻る