新型「コルベット」の1号車、100万ドルで落札

2013.01.23 自動車ニュース

新型「シボレー・コルベットスティングレイ」の第1号車、100万ドルで落札

米ゼネラルモーターズは2013年1月20日、チャリティーオークションに出品した5台のシボレー製スポーツモデルが、合計で214万ドル(約1億9046万円:以下すべて1ドル=89円で換算)の値をつけたと発表した。

今回、シボレーのスポーツモデルが出品されたのは、2013年1月13日から1月20日にかけて開催された自動車オークションの「バレットジャクソン(Barrett-Jackson Scottsdale collector car auctions)」である。

5台の中でも最高値を付けたのは、7代目となる新型「シボレー・コルベットスティングレイ」の第1号車。シャシーナンバー「0001」が打刻されたこの個体は、ナスカーチームのオーナーであるリック・ヘンドリック氏により、105万ドル(約9345万円)の高値で落札された。

このほかにも、GMの会長兼CEOであるダン・アカーソン氏の1958年製「シボレー・コルベット」が27万ドル(約2403万円)、ドラッグレース用に開発された2012年式「コポ カマロコンバーチブル」が40万ドル(約3560万円)、2013年式「シボレー・コルベット 427コンバーチブル コレクターズエディション」が27万ドル(約2403万円)、2013年式「シボレー・カマロ ZL1コンバーチブル」が15万ドル(約1335万円)で落札された。

(webCG)

「シボレー・コルベットスティングレイ」
「シボレー・コルベットスティングレイ」 拡大
1958年製「シボレー・コルベット」を出品したダン・アカーソンGM会長兼CEO。(写真右手前)
1958年製「シボレー・コルベット」を出品したダン・アカーソンGM会長兼CEO。(写真右手前) 拡大

関連キーワード:
コルベット, カマロ, シボレー, -->, 自動車ニュース

シボレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型シボレー・コルベット(前編) 2021.5.31 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが、新型「シボレー・コルベット」の日本でのデリバリー開始に合わせ、日本仕様を初公開した。富士スピードウェイで行われたお披露目会の会場から、史上初となる“右ハンドルのコルベット”の姿を写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • 新型シボレー・コルベット(後編) 2021.5.31 画像・写真 いよいよ日本でもデリバリーが開始された、8代目となる新型「シボレー・コルベット」。本邦初公開となる「コルベット コンバーチブル」の詳細な姿を、富士スピードウェイで行われた披露会の様子とともに写真で紹介する。
  • BMW M440i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.20 試乗記 BMWの「4シリーズ カブリオレ」が2代目に進化。“Mパフォーマンス仕上げ”の最上級モデル「M440i xDriveカブリオレ」を郊外に連れ出し、伝統のストレート6と4WDのシャシー、そしてオープンスタイルが織りなす走りを確かめた。
ホームへ戻る