新型「コルベット」の1号車、100万ドルで落札

2013.01.23 自動車ニュース

新型「シボレー・コルベットスティングレイ」の第1号車、100万ドルで落札

米ゼネラルモーターズは2013年1月20日、チャリティーオークションに出品した5台のシボレー製スポーツモデルが、合計で214万ドル(約1億9046万円:以下すべて1ドル=89円で換算)の値をつけたと発表した。

今回、シボレーのスポーツモデルが出品されたのは、2013年1月13日から1月20日にかけて開催された自動車オークションの「バレットジャクソン(Barrett-Jackson Scottsdale collector car auctions)」である。

5台の中でも最高値を付けたのは、7代目となる新型「シボレー・コルベットスティングレイ」の第1号車。シャシーナンバー「0001」が打刻されたこの個体は、ナスカーチームのオーナーであるリック・ヘンドリック氏により、105万ドル(約9345万円)の高値で落札された。

このほかにも、GMの会長兼CEOであるダン・アカーソン氏の1958年製「シボレー・コルベット」が27万ドル(約2403万円)、ドラッグレース用に開発された2012年式「コポ カマロコンバーチブル」が40万ドル(約3560万円)、2013年式「シボレー・コルベット 427コンバーチブル コレクターズエディション」が27万ドル(約2403万円)、2013年式「シボレー・カマロ ZL1コンバーチブル」が15万ドル(約1335万円)で落札された。

(webCG)

「シボレー・コルベットスティングレイ」
「シボレー・コルベットスティングレイ」 拡大
1958年製「シボレー・コルベット」を出品したダン・アカーソンGM会長兼CEO。(写真右手前)
1958年製「シボレー・コルベット」を出品したダン・アカーソンGM会長兼CEO。(写真右手前) 拡大

関連キーワード:
コルベット, カマロ, シボレー, -->, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • 東京オートサロン2020(ゼネラルモーターズ) 2020.1.10 画像・写真 8代目となる新型「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本初公開! 東京オートサロン2020のゼネラルモーターズのブースより、新しくなったアメリカンスーパースポーツの詳細な姿を、弟分「カマロ」の改良モデルともども写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • GMが新型「シボレー・コルベット」の予約受け付けを開始 価格は1180万円から1400万円【東京オートサロン2020】 2020.1.10 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが東京オートサロンで新型「シボレー・コルベット」をアジア初公開。同時に予約受け付けを開始した。日本仕様には「Z51パフォーマンスパッケージ」が標準装備されるほか、「2LT」と「3LT」の2つのトリムが用意される。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
ホームへ戻る