Cセグメントに成長した新型「Aクラス」発売

2013.01.17 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、Cセグメントハッチバックとなった新型「Aクラス」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2013年1月17日、新型「Aクラス」を発表し、販売を開始した。

■オーソドックスなCセグメントハッチバックに

既報のとおり、3代目となる新型「Aクラス」は2012年3月のジュネーブショーで世界初公開され同年6月に本国で正式発表された。日本においても、11月にプロモーション用のオリジナルアニメをweb公開するなど、事前告知が進められてきた。

ボディー形状は、スペース効率を優先した先代モデルから一変。全長×全幅×全高=4290×1780×1435mm、ホイールベース=2700mm(いずれも「A180ブルーエフィシェンシー」)と、大幅に拡張された全長と低められた車高により、“トールスタイル”のBセグメントコンパクトから、オーソドックスなCセグメントハッチバックに変身している。

充実した安全装備も新型の特徴とされており、追突のリスクを低減する「レーダー型衝突警告システム」や、ドライバーの運転を監視し、疲労を検知すると警告を発する「アテンションアシスト」、事故の際に歩行者の負傷を軽減する「アクティブボンネット」などが全車に標準装備される。さらにオプションで、全車速追従型レーダークルーズコントロールの「ディストロニックプラス」や、車両の斜め後方を監視する「ブラインドスポットアシスト」なども用意されている。

エンジンは1.6リッター直4ターボ(122ps、20.4kgm)と2リッター直4ターボ(210ps、35.7kgm)の2種類。トランスミッションには「7G-DCT」と呼ばれるデュアルクラッチ式が組み合わされる。「ECOスタートストップ機能」と呼ばれるアイドリングストップ機構や、電動パワーステアリング、空気抵抗を考慮したボディ形状など、燃費に寄与する技術や工夫も多数導入されており、JC08モード燃費は1.6リッター車で15.9km/リッターとなっている。

ラインナップは1.6リッターの「A180ブルーエフィシェンシー」(284万円)と「A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」(335万円)、2リッターの「A250 SPORT(シュポルト)」(420万円)の3種類となっている。

(webCG)

「メルセデス・ベンツ A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」
「メルセデス・ベンツ A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」 拡大
「メルセデス・ベンツ A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」のリアビュー。
「メルセデス・ベンツ A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」のリアビュー。 拡大
「メルセデス・ベンツ A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」のインパネまわり。
「メルセデス・ベンツ A180ブルーエフィシェンシー スポーツ」のインパネまわり。 拡大
「A250シュポルト」
「A250シュポルト」 拡大

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.3.16 試乗記 りりしいフロントマスクや新開発のエンジンなどを携えてデビューした新型「メルセデス・ベンツAクラス」だが、その目玉はやっぱり“普通の言葉”での対話が可能なインターフェイス「MBUX」。あれこれ話しかけ、できることとできないことを洗い出してみた。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
ホームへ戻る