BMW、MINIに3種のデザインパッケージ設定

2012.09.18 自動車ニュース

BMW、MINIに3種類のデザインパッケージを設定

BMWジャパンは2012年9月18日、MINIに3種類のデザインパッケージ「Baker Street(ベーカーストリート)」「Bayswater(ベイズウオーター)」「Highgate(ハイゲート)」を設定し、発売した。

今回の3種のデザインパッケージは、内外装のドレスアップアイテムがセットになったパッケージオプション。ハッチバックタイプの「MINI」にはBaker StreetとBayswaterが、「MINIコンバーチブル」にはHighgateが、それぞれ設定される。

主な装備内容と価格は以下のとおり。

■「ベーカーストリート」パッケージ
MINIクーパー用 28万円

・専用ボディーカラー:ルーフトップグレー(ミッドナイトブラック、ペッパーホワイトも選択可)
・専用クロス/レザー クロスチェック・ルーフトップグレー/カーボンブラック
・専用16インチ6スター・ツインスポーク・ブラック・アルミホイール
・専用カラーライン ルーフトップグレー
・専用インテリアサーフェイス クロスチェック・ルーフトップグレー
・ルーフ・ミラーキャップ ブラック
・専用Baker Streetボンネットストライプ
・専用Baker Streetサイドスカットル

■「ベイズウオーター」パッケージ
MINIクーパー用 41万円
MINIクーパーS用 30万円

・専用ボディーカラー:カイトブルー(ミッドナイトブラック、「クーパーS」のみエクリプスグレーも選択可)
・専用レザーパンチ ロックライク・アンソラサイト/カーボンブラック
・専用17インチ・サンドブラスト・チューンド・ブラック・アルミホイール
・クロムライン・インテリア
・専用カラーライン ロックライク・アンソラサイト
・専用インテリアサーフェイス ピアノブラックBayswater
・マルチファンクションステアリング
・ブラックルーフ
・専用ミラーキャップ(左右の色が異なる)
・専用Bayswaterボンネットストライプ
・専用Bayswaterサイドスカットル

■「ハイゲート」パッケージ
MINIクーパー コンバーチブル用 33万円
MINIクーパーS コンバーチブル用 30万円

・専用ボディーカラー:アイスドチョコレート(ホワイトシルバー、ミッドナイトブラックも選択可)
・専用レザーラウンジ ダークトリュフ/カーボンブラック
・専用17インチ・ダブルクロス・チューンド・スタイル・シルバー・アルミホイール
・クロムライン・インテリア
・ボディーカラー・ミラーキャップ
・専用ソフトトップ シルバータッチド・ブラウン
・専用カラーライン ダークトリュフ
・専用インテリアサーフェイス ブラッシュド・アロイサンタッチド
・マルチファンクションステアリング
・専用Highgateボンネットストライプ
・専用Highgateサイドスカットル(専用サイドスカットル)

(webCG)

「MINIクーパー」ベーカーストリートパッケージ装着車。
「MINIクーパー」ベーカーストリートパッケージ装着車。 拡大

BMW、MINIに3種のデザインパッケージ設定の画像 拡大

BMW、MINIに3種のデザインパッケージ設定の画像 拡大
「MINIクーパーS」ベイズウオーターパッケージ装着車。
「MINIクーパーS」ベイズウオーターパッケージ装着車。 拡大

BMW、MINIに3種のデザインパッケージ設定の画像 拡大
BMW、MINIに3種のデザインパッケージ設定の画像 拡大
「MINIクーパーS コンバーチブル」ハイゲートパッケージ装着車。
「MINIクーパーS コンバーチブル」ハイゲートパッケージ装着車。 拡大

BMW、MINIに3種のデザインパッケージ設定の画像 拡大
BMW、MINIに3種のデザインパッケージ設定の画像 拡大

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.5 試乗記 最高出力を231PSから306PSへと大幅にパワーアップした「MINIクロスオーバー」のハイパフォーマンスバージョン「ジョンクーパーワークス」に試乗。背の高いマルチパーパスのキャラクターと高性能エンジンの組み合わせは、どんな進化を遂げたのか?
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • 「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインに 2019.10.2 自動車ニュース BMWジャパンは2019年10月2日、「MINIクラブマン」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、販売を開始した。今回はデザインの手直しだけでなく、トランスミッションや運転支援システムにも改良を加えた。
ホームへ戻る