スズキはドレスアップ版「ワゴンR」を出展【東京オートサロン2013】

2012.12.28 自動車ニュース

【東京オートサロン2013】スズキはドレスアップ版「ワゴンR」を出展

スズキは2012年12月28日、翌2013年の1月11日〜13日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2013 with NAPAC」の出展概要を発表した。

カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン」に、スズキは2013年も参加する。
2012年のショーでは「スイフトスポーツ」や「ソリオ」にスポットライトが当たったが、今回は、2012年9月にデビューした新型「ワゴンR/ワゴンRスティングレー」が主役となる。

主な展示車両(いずれも参考出品車)とそのカスタマイズのポイントは、以下のとおり。

■「ワゴンR RR コンセプト」
・ホワイトのボディーカラーと赤いアクセントからなるエクステリア
・サーキットイメージのエアロパーツ
・センター2本出しのマフラー

■「ワゴンRスティングレー カスタマイズ」
・LED付きのフロントバンパー
・スネーク柄のバンパーおよびドアハンドル、ドアミラー

(webCG)

「ワゴンR RR コンセプト」
「ワゴンR RR コンセプト」 拡大
「ワゴンR RR コンセプト」
「ワゴンR RR コンセプト」 拡大
「ワゴンRスティングレー カスタマイズ」
「ワゴンRスティングレー カスタマイズ」 拡大
「ワゴンRスティングレー カスタマイズ」
「ワゴンRスティングレー カスタマイズ」 拡大

関連キーワード:
ワゴンR, ワゴンRスティングレー, スズキ, 東京オートサロン2013, イベント, 自動車ニュース

スズキ ワゴンR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)【試乗記】 2014.11.5 試乗記 魅力は燃費だけじゃない? 新開発のモーターアシスト機構「S-エネチャージ」を搭載した「スズキ・ワゴンR」を試す。
  • 後編:燃費自慢の“走り”を検証! ~エコな軽とコンパクト、その実像に迫る 2015.9.18 実力チェック! 人気の軽とコンパクト 先進的な環境技術が続々と開発され、クルマの燃費性能は日々進化。日本の軽自動車やコンパクトカーには、30km/リッターを超える燃費性能を有するものも少なくない。では、そうしたモデルの走りや乗り心地は、どうなのだろうか? 今回は“燃費自慢”の3台に試乗し、クルマとしての基本性能を確かめた。
  • 「スズキ・ワゴンR」の安全装備が充実 新開発エンジン搭載車も登場 2019.12.25 自動車ニュース スズキが、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の一部仕様を変更。衝突を回避する安全装備を充実させた。自然吸気モデルには新型「ハスラー」にも採用されている新開発エンジンを搭載し、2020年1月20日に発売する。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る