BMW 3シリーズツーリングに低価格の新グレード

2012.12.20 自動車ニュース

「BMW 3シリーズツーリング」に新グレード「320i」が登場

BMWジャパンは2012年12月20日、「3シリーズツーリング」にエントリーグレードの「320iツーリング」を追加。販売を開始した。

これまで3シリーズツーリングには、245psと35.7kgmを発生する2リッターガソリンターボエンジンを搭載した「328iツーリング」と、184psと38.7kgmの2リッターディーゼルターボ車「320dブルーパフォーマンス ツーリング」の、2モデルが用意されていた。

新たに設定された「320iツーリング」は、184ps/5000rpmと27.5kgm/1250-4500rpmを発生する2リッターターボエンジンを搭載。燃費を重視してアウトプットは「328i」より控えめとなっているものの、先代モデルの「320iツーリング」と比較した場合、最高出力は約10%、最大トルクは約30%向上している。

燃費についても、環境性能が高いエンジンや8段AT、アイドリングストップ機構、ブレーキエネルギー回生システムなどの採用により、先代モデルより25%ほど改善された16.4km/リッターを達成。現行の他モデルと比較した場合、「320d」(19.4km/リッター)には及ばないものの、「328i」(15.2km/リッター)より1.2km/リッター優れた数値となっている。(燃費はいずれもJC08モード)

これにより、「320iツーリング」はエコカー減税の100%減税に適合。購入時の自動車取得税と重量税が免税となる。

価格は471万円から515万円まで。

バリエーションと価格は以下の通り。
・320iツーリング:471万円
・320iツーリング スポーツ:491万円
・320iツーリング モダン:491万円
・320iツーリング ラグジュアリー:491万円
・320iツーリング Mスポーツ:515万円

(webCG)

「BMW 3シリーズツーリング」
「BMW 3シリーズツーリング」 拡大

関連キーワード:
3シリーズ ツーリング, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ ツーリング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDriveツーリングMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.24 試乗記 新型「BMW 3シリーズ ツーリング」の日本導入7モデルのうち、まずは最高出力190PSの2リッター直4ディーゼルと4WDの組み合わせとなる「320d xDriveツーリングMスポーツ」に試乗。拡大された荷室の使い勝手や、走りの進化を確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
ホームへ戻る