「ミツオカ・ヒミコ」に新色追加 特別仕様車も

2012.12.12 自動車ニュース

「ミツオカ・ヒミコ」がマイナーチェンジ 特別仕様車も登場

光岡自動車は2012年12月12日、マイナーチェンジを施したオープンカー「Himiko(ヒミコ)」と、特別仕様車「Himiko monochrome(ヒミコ モノクローム)」を発表した。ともに同年12月13日に発売される。

「ヒミコ」は、「マツダ・ロードスター」をベースにミツオカが独自のカスタマイズを施した2シーターオープンカーである。

今回の変更では、これまで3色だったボディーカラーに、新たに「ウィッチパープルパール」を追加。カラーバリエーションは標準で4色、カラーオプション(30色)と合わせると、全34色の展開となった。

このほかにも、全グレードでデコレーションパネルの色をダークグレーに変更。電動式ハードトップの「ARDOR(アルドール)」ではステアリングホイールベゼルもダークグレーとなったほか、「ARDOR本革パッケージ」では、本革シートの色がタンとなった。

一方、幌タイプの「GUILTY(ギルティ)」では、アルミホイールの色にガンメタリックを採用。メーターフードが小型化されたほか、メーターリングの色がダークグレーに変更された。

価格は「GUILTY」(5MT)が398万円、「ARDOR」(6AT)が439万円、「ARDOR本革パッケージ」(6AT)が463万円となっている。

また、今回のマイナーチェンジと合わせて、特別仕様車「ヒミコ モノクローム」も同時に発表された。

同車は、電気式ハードトップの「ARDOR」をベースに、ホワイトとブラックを基調に内外装をコーディネートしたものである。ボディーカラーはホワイトパールのみで、フロントフェンダーからドアパネルにかけて、マットアイスグレーのラッピングを採用。専用のメッキモールディングやエンブレムもあしらわれている。

一方インテリアでは、ハウンドトゥース(千鳥格子)柄の専用シートを採用。デコレーションパネルやシフトゲート、ドアのドリンクホルダーには、ピアノブラック調のパネルが用いられる。

価格はベース車から26万2500円高の、465万2500円。

(webCG)

→「ミツオカ・ヒミコ モノクローム」の詳しい写真はこちら

光岡自動車のデザイナーを務める青木孝憲さんと、特別仕様車の「ミツオカ・ヒミコ モノクローム」。
光岡自動車のデザイナーを務める青木孝憲さんと、特別仕様車の「ミツオカ・ヒミコ モノクローム」。 拡大
「ミツオカ・ヒミコ」
「ミツオカ・ヒミコ」 拡大
「ミツオカ・ヒミコ ARDOR本革パッケージ」のインテリア。
「ミツオカ・ヒミコ ARDOR本革パッケージ」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
ヒミコ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ヒミコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】 2014.6.24 試乗記 スズキ製のパワートレインを搭載した“黄色ナンバー”の「ケータハム・セブン160」に試乗。車両重量490kg(!)というスーパーライトな最新モデルに、ライトウェイトスポーツの本分を見た。
  • ミツオカ・オロチ(MR/5AT)【試乗記】 2007.8.31 試乗記 ミツオカ・オロチ(MR/5AT)
    ……1100.0万円

    “免許取り立ての人でもすぐに乗れるスーパーカー”がコンセプトの「ミツオカ・オロチ」。その真意を探る。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • ミツオカ・オロチ・カブト(MR/5AT)【試乗記】 2008.12.5 試乗記 ミツオカ・オロチ・カブト(MR/5AT)
    ……1380.0万円

    「オロチ」にウェットカーボン製のエアロパーツなどを追加したスペシャルバージョン「カブト」。その見た目と価格に驚かされるが、乗ってみると意外に……。
ホームへ戻る