ジャガーXF/XJがパワートレインを一新

2012.12.11 自動車ニュース

「ジャガーXF/XJ」に2リッターモデルが登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2012年12月11日、2013年モデルの「XJ」および「XF」の仕様と価格を発表した。

2013年モデルでは、フラッグシップモデル「XJ」シリーズとスポーティーセダンの「XF」シリーズに、新たに2リッター直4ターボエンジンとスーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンを採用。また組み合わされるトランスミッションも、これまでの6段ATから新開発の8段ATに変更された。

2リッター直4ターボエンジンはオールアルミ製。低慣性ターボチャージャーを採用し、最高出力240ps/5500rpm、最大トルク34.7kgm/2000-4000rpmを発生する。
スーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンはルーツ式ツインヴォルテックススーパーチャージャーを採用。最高出力340ps/6500rpm、最大トルク45.9kgm/3550-5000rpmを発生する。
これまでの3リッターV6と5リッターV8の自然吸気モデルは廃止され、エンジンラインナップは2リッター直4ターボ、スーパーチャージャー付き3リッターV6と、従来モデルより引き継がれるスーパーチャージャー付き5リッターV8エンジン(510ps/6000-6500rpm、63.7kgm/2500-5500rpm)の3種類となった。

さらに、V6とV8エンジン搭載車には、アイドリングストップ機構「インテリジェント・ストップ・スタート・システム」が与えられた。

また、イギリスの音響機器メーカー、メリディアンのオーディオが新たに採用された(一部グレードにはオプション設定)。

価格は以下のとおり。

2013年モデル ジャガーXF
・2.0ラグジュアリー:595万円
・2.0プレミアムラグジュアリー:694万円
・3.0プレミアムラグジュアリー:829万円
・XFR:1200万円

2013年モデル ジャガーXJ
・2.0ラグジュアリー:900万円
・3.0プレミアムラグジュアリー:1090万円
・3.0ポートフォリオ:1290万円
・5.0スーパースポーツ(SWB):1685万円
・5.0スーパースポーツ(LWB):1825万円

(工藤考浩)

2013年モデルから新たなパワーユニットが搭載される「ジャガーXF」シリーズ。
2013年モデルから新たなパワーユニットが搭載される「ジャガーXF」シリーズ。 拡大
高効率がうたわれる、2リッター直4ターボエンジン。今回新たに、「XF」と「XJ」に搭載される。
高効率がうたわれる、2リッター直4ターボエンジン。今回新たに、「XF」と「XJ」に搭載される。 拡大
こちらは最上級サルーンの「XJ」。「XF」と同様に、エンジンおよびトランスミッションが変更された。
こちらは最上級サルーンの「XJ」。「XF」と同様に、エンジンおよびトランスミッションが変更された。 拡大

関連キーワード:
XJ, XF, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第532回:歴代モデルを駆って目指すは花の都
    ステアリングを握って知る「ジャガーXJ」の50年史
    2018.10.27 エディターから一言 今年でデビュー50周年を迎えたジャガーの基幹サルーン「XJ」。その歴代モデルを駆って、英キャッスル・ブロムウィッチから仏パリを目指すグランドツアーに参加。実際にステアリングを握りながら、英国を代表するスポーツサルーンがたどった変遷を振り返る。
  • ジャガーXJ 2009.7.10 画像・写真 2009年7月9日、イギリス本国でデビューした新型「ジャガーXJ」を、写真で紹介する。
  • ジャガーXJR575(FR/8AT)【試乗記】 2018.8.31 試乗記 モデル末期ともうわさされるジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「XJR」が、よりパワフルな「XJR575」に進化を遂げた。575psのパワーを“後ろ足”だけで地面にたたき付ける、英国最後の猛獣の走りを報告する。
  • ピュアEVの「アウディe-tronスポーツバック」発売 2020.9.17 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年9月17日、「e-tronスポーツバック」を発売した。アウディブランドとしては国内初となる100%電気自動車であり、前後車軸にそれぞれモーターを搭載した電動4WDドライブトレインを採用。一充電あたりの航続可能距離は405kmとされている。
ホームへ戻る