トヨタ、プレミオとアリオンの装備を充実

2012.12.05 自動車ニュース

トヨタ、「プレミオ」と「アリオン」の装備を充実

トヨタ自動車は2012年12月4日、ミドルサイズセダンの「プレミオ」と「アリオン」に改良を施し、販売を開始した。

今回の改良では、エンジンの燃焼効率の向上やフリクションの低減などにより、全てのグレードで燃費を改善。最も燃費の良い1.5リッターのFF車では、18.2km/リッター(JC08モード)を記録する。

ラインナップも見直され、「プレミオ」には「1.5F“EXパッケージ”」、「アリオン」には「A15“G-plusパッケージ”」「A18“G-plusパッケージ”」、「A20“LEATHERパッケージ”」が新設定された。

これらのパッケージ車には、ディスチャージヘッドランプや本革巻き+木目調ステアリングホイール、オートエアコン、オプティトロンメーター、スマートエントリー&スタートシステムなどを標準装備。「アリオン」の「A20“LEATHERパッケージ”」にはパーフォレーション&ギャザー仕様の本革シートも備えられている。

さらに、「プレミオ」の「1.5F“EXパッケージ”」「1.8X“EXパッケージ”」と「2.0G“SUPERIORパッケージ”」、「アリオン」の「A15“G-plusパッケージ”」「A18“G-plusパッケージ”」と「A20“LEATHERパッケージ”」には、フロントドアのスーパーUVカットガラスやナノイーを追加。1.5リッターと1.8リッターの非パッケージ車を除く全仕様に、ステアリングスイッチが標準装備された。

このほかにも、光沢のある木目調パネルの採用や、シート表皮の質感向上、内装色の変更などを実施。ボディーカラーには新色のクリアーストリームメタリック、アビスグレーメタリック(プレミオのみ)が採用された。

価格は「プレミオ」が171万円から273万円、「アリオン」が170万円から268万円。

(webCG)

「アリオンA15“G-plusパッケージ”」
「アリオンA15“G-plusパッケージ”」 拡大
「プレミオ1.5F“EXパッケージ”」
「プレミオ1.5F“EXパッケージ”」 拡大

関連キーワード:
プレミオ, アリオン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プレミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
  • ただいま鋭意開発中! 次期「トヨタ86/スバルBRZ」でいま考えられること 2020.3.27 デイリーコラム モデル末期をにおわせる「トヨタ86」の限定車が登場。兄弟車「スバルBRZ」ともども、いよいよフルモデルチェンジのときが近づいてきたようだ。現時点で考えうる、デビュー時期やメカニズムについて予想してみた。
ホームへ戻る