マツダ、ミレーニアをマイナーチェンジ(7/8)

1998.07.08 自動車ニュース

マツダ、ミレーニアをマイナーチェンジ(7/8)

マツダ株式会社は4ドアセダン「ミレーニア」にマイナーチェンジを施し、7月1日より発売している。特徴は新たに2リッターV6エンジンを搭載したことをはじめ、外観上の変更など多岐にわたる。価格は新設定「20M」の235.0万円から。

新設定の2リッターV6DOHCは、160ps/6500rpmの最高出力と、18.3kgm/5500rpmの最大トルクをもつ。このエンジンは「ミレーニア20M」に搭載される。

外観上の小変更は「ミレーニア」全車に加えられた。フロントグリルが新しいデザインになったことをはじめ、クリスタルタイプのリアコンビネーションランプ、新意匠のアルミホイールなどが採用されている。内装面ではクロムメッキされた部品の採用や明るい色調のモケットのシート地の採用などが新しい。

装備の面では、運転席8ウェイパワーシートとUVカットガラスが全車に標準装備となったことをはじめ、新開発の10スピーカーオーディオシステムが「20M」をのぞく全車に装着された。

ラインナップは、2リッターV6搭載の「20M」(235.0万円)、2.5リッターV6の「25M」(258.5万円)と「25S」(292.0万円)、そしてミラーサイクルエンジンの「MC」(334.7万円)となっている。

 
マツダ、ミレーニアをマイナーチェンジ(7/8)の画像

関連キーワード:
ミレーニア, マツダ, 自動車ニュース

マツダ ミレーニア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • 「マツダ3セダン」に1.5リッターガソリンエンジン搭載モデルが登場 2020.5.21 自動車ニュース マツダは2020年5月21日、「マツダ3セダン」のモデルラインナップに1.5リッター直4ガソリンエンジン搭載車を追加設定し、販売を開始した。これまで1.5リッターエンジンは「ファストバック」のみに搭載されていた。
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
ホームへ戻る